フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 道州制、南関東の対応は? | トップページ | 冨山、石川の道州制での選択 »

2006年3月10日 (金)

対応の難しい静岡県と道州制

 静岡と区割り、現実か関東、東京の吸い寄せ回避か

 道州制の区割りで地方制度調査会の案では、9分割で中部、11、13分割で東海にする案が提示された。これには以下のような問題が出ることが回避される。

a, 隣接する県で東部は関東、東京だがそれと同じ案がない。

b, 隣接する県で山梨、長野と同じ区割り案がない。

c, 県の東西が東は横浜や東京、西は名古屋の影響が強いが、県の分割が出来ない今の地方制度調査会の方針が本来おかしいのではないか。

 まずa,については昨日示したやまなみ州構想が該当するが、b,の長野と同じ地域は遠州地域にはその希望が多い。c,については天竜川あたりで、朝日新聞は東京編集のと、名古屋編集を分けているそうだし、天竜川あたりまで中日新聞の読者が多く、富士川以東は全国紙が強く、その中間は静岡新聞が強く、旧国が3つあり、意識が三等分。絞っても浜松、静岡の新しい基準での(人口70万以上)政令指定都市のグループに分かれるので、福井のように嶺南と嶺北で違う対応を模索する必要もあるかも知れない。

 現在の静岡県の方針

 これに対して、県知事の方針で道州制の早急な導入は現実的でないとし、静岡のように人口が一定規模、自治能力がある県は国の出先機関が担っている事務を受け入れる、「政令県」を提唱している。これに対して静岡新聞など神奈川などのやまなみ州を批判し、県を単独州にという趣旨を表明したりしているし、県の中にもその可能性は検討しているようである。

 今の県庁が県の中央で、新空港開港の意図が規模の大きな県なのに、空港は東京か名古屋へ行く股先回避の意図もあり、おいそれと県の分割や、道州制にOKを出せない事情もわかる。

 私の提案

 私は長野と同様に、中部州とするが東海地区の副都を静岡とした上で、大井川の東西で関東との交流の深い地域、名古屋との交流の深い地域とすることを提唱したい。一部にある富士川くらいまで、関東に編入はストロー現象が大きく、近接州との調整地域として配慮するレベルにする。

 静岡は東西に長いので、大井川で名古屋か東京に分ける一方で、県議会は廃止するが県知事を州議会議員を兼務する形で、道州制施行後も存続し、そのことですみやかな道州制導入を即した方がいい。またこのことは東海地震対策にも現地での本部長が必要なので、危機管理と併せて、今の県の機能は有効活用した方が、日本全体にも得策ではないだろうか。

« 道州制、南関東の対応は? | トップページ | 冨山、石川の道州制での選択 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/985126

この記事へのトラックバック一覧です: 対応の難しい静岡県と道州制:

« 道州制、南関東の対応は? | トップページ | 冨山、石川の道州制での選択 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31