フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 道州制と東北 | トップページ | 道州制と北関東、今日の朝日新聞 »

2006年3月 4日 (土)

道州制、新潟をどうする

 道州制区割り困難県の代表例、新潟は何地方?

 道州制の施行の区割り案で、最も難航が予想される県の一つが新潟県である。地域単位でもっとも規模が大きい企業、電力会社は東北電力である。ところが先の地方制度調査会の案では、新潟は9分割で北関東:信越。11、13で北陸。1月の段階に記載されていた8分割では関東:甲信越とされていた。日本地理の世界では中部地方になるが、今は関東に入れるのが、山梨が普通になり、東海、北陸にさらに大別されるので、中部とひとくくりにいれるのも実感が薄い。国の出先機関、JRなど公共民間企業を例にすると、32例の中で以下のような結果になった。

 a 東北に分類 9,4%  b  関東、東京(関東、信越を含む)59,4%

 c 信越、または甲信越 9,4%  d  北陸 12,5%  e 北陸信越  6,2%

 

  関東かそれ以外の道か?

  国の出先機関の現状を見ると関東と同じが多く、それ以外と大別できる。宮城県のように地方制度調査会の案と別に、新潟を東北州入りを薦めている例や、富山は北陸四県で「越の国構想」、石川県は独自の道州制案まで至っていないが、新潟が州都になる形の北陸州には拒否反応を示している。

 新潟市が合併で政令指定都市になるのは、北陸州での州都誘致を想定しているのは明らかだが、泉田知事は関東、東京へのストロー現象を警戒して、関東の州入りは否定的で北陸州、場合によっては東北州を考慮しているが、長岡市の市長が太平洋側との接点があるべきだと、関東の州を希望している場合もある。

 

 市民の反応も複雑

 2005年4月に開催の、新潟JCの「新しい地域のあり方‐道州制とは何か‐」のシンポジュームアンケートを見ても、道州制に移行した場合、新潟市はどの地域と連携すべきという問いでは、県外については山形、長野、群馬、冨山に明確な差が出なかった。稀に区割りが難しい面積の大きい県は単独州案もあるが、それも37例中2つだけで、県の東西で意見が異なるとしても、北陸四県なら新潟市なら納得しないから上越市が州都のような案はあるが、福井の嶺南のように分割してでも関西のような、隣接の県にあわせて分割案も耳にしない。正直、周囲の状況を見ながら、どの州に入るかは最後にするのが賢明かも知れない。

 私からの提案

 私は関東、東京の肥大化を避けるため、関東に新潟を加えるのには反対で、新潟は国の出先機関などそこにある場合は移転させず、新潟を含めた甲信越地区は特別管区とし、将来はその単位で州とするかや、隣接の関東、東北州入りなど目指すかや、新潟も阿賀野川流域は東北、上越線の長岡以南は関東。上越市以西を中部の中の、福井県嶺北以東の北陸特別管区入りなどの対応をするかどうか、適時、住民投票、議会投票、周辺との協議で変えれる措置を提唱したい。

 また今の新潟市、新潟県は関東に新潟を含まないが、日本海側の関東地区と東北地区の接点として、日本海庁という日本海側の行政の協議(越前クラゲ対策など日本海側の共通の悩みを考えるなどの行政区間)、省庁を設置したり、新潟駅と新潟ICから鉄道と道路の支線を港と空港に向けて整備を行い、各道州はそれに投資して、州の隅ではなく、いろんな州の接点としての発展を目指してはどうだろうか。

 

 

« 道州制と東北 | トップページ | 道州制と北関東、今日の朝日新聞 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

新潟市阿賀野川以北に住むものですが
貴殿の申します阿賀野川より東は東北と言うのは納得がいきません

もともと東北弁を話す地域は東北州として集まるべきで、言語がよく聞き取れないところと一緒にされては困ります。また新潟にある企業名で新潟に本社を置く北陸と付く会社が多々あります(例えば北陸ガス東証一部上場会社、キョードー北陸チケット販売会社)
東北と一緒となればこれらの企業は深刻です

北陸と一緒となればまた富山、石川、福井が州都問題で合点がいかないと思いますし、関東では巨大広範囲になるし、まあ難しいところもありますが州都というものを置かない主要な行政機能を各県に分散した方法でないと北陸州は成立しないでしょう

とりあえず東北だけは反対です。今まで新潟県民は北陸地方との認識で社会を構成してきています。東北となれば昔で言うお国替え大変な打撃になるはずです。

これはあくまで一案であり、地元の人で多数を占める意見が採用されるべきとは考えています。ただ福井南部や長野南部と新潟が同じ地域があまりにもおかしく、村上市、只見川流域など北陸や関東よりはそういう選択もありという指摘です。
 東日本、西日本の境界にも反するので北陸四県は大問題です。そういう意味でシームレス型道州制や単独州など決定は日本全国の最後にすべきでしょう。また新潟をどうするはその4まで記事をこれ以降作成しているので、それもご覧ください

>言語がよく聞き取れないところと一緒にされては困ります

「東北」と区分しても、東北地方の方言は地域差がかなり大きいという現実があります。
所謂、「東北弁」なるものは、在京メディアの作り出した思い込みであり、存在しません。

それどころか、東北の日本海側で話される方言(酒田や会津地方)は、太平洋側(仙台や岩手)で話されるものよりも新潟(北部)の方言に近いことが知られています。

もし、方言の共通性で道州制の区分けを行うならば、むしろ新潟(特に北部)は東北地方の側に属すると考えて良いでしょう(参考資料 http://www.khb-tv.co.jp/kotomaga/bn/0712220945/page.html)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/915051

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制、新潟をどうする:

« 道州制と東北 | トップページ | 道州制と北関東、今日の朝日新聞 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31