フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 道州制、新潟をどうする | トップページ | 道州制、各種アンケートの反応 »

2006年3月 5日 (日)

道州制と北関東、今日の朝日新聞

 北関東の範囲と去就

 今回の地方制度調査会の道州制区割りで、北関東という区分が注目できる。この北関東という範囲の設定には、おおよそ以下の理由が考慮できる。

  a,関東という単位で東京を中心で管理すると、東京がやや南すぎ、首都圏と呼ばれる南関東とやや違う生活実感がある(東京への毎日の通勤圏から離れる)ことがある。そのため東京集中の防止を兼ねて、北関東で区割り設定した方がいいという考えは可能。

  b,関東、東京の影響圏が新潟、長野に及んでいて、これを当初あった8分割での関東、甲信越案では関東が肥大化しすぎるので、北関東を設定して、これに長野、新潟を含む。

 北関東の問題点

  狭い意味での北関東は、群馬、栃木、茨城を指し、ここに埼玉を加え、信越を含むかが意見が分かれることがある。今の北関東案では群馬の高崎あたりが、州都にはいいと思うが、北関東の交通は群馬なら新幹線で大宮や上野に出て、そこから茨城、栃木に行く方が時間が早く、昨今の情勢で群馬から栃木に向けて高速交通整備ができるかむつかしいことや、テレビの視聴エリアが県単位の群馬テレビなどはあるが、北関東の単位のテレビ、地方紙がない点がネックである。

 東京、南関東の肥大化防止への提案

 南関東、東京への集中化は避けるべきだが、北関東として切り離すことも逆に関東として、一体感があったのが、逆に南への回帰現象を招くのかも知れない。そこで以下のことを提案する。

 それは 東京を関東の州都とせず、千葉、埼玉に州都を分散させ、群馬の高崎周辺に関東州の副都を置いて、信越方面の関東州とはしないが調整地域になる地域の対応事務所を兼ねることで、適度な集積を図ることである。また新幹線は無理だが、鉄道の高架による高速化で、高崎から水戸までの所要時間を短縮して、一度大宮や上野に出てくる流れを変えるべきである。

 

 今日の朝日新聞から、道州制の導入時期は?

 他の新聞と同様に、都道府県知事のアンケートが掲載されていた。賛否の数字など他紙と変わらないが、導入の時期は明言できないが多く、時期を提示したのでは秋田が財政危機などを理由に5年後、鹿児島が10年~20年後と回答。10年後が8で一番多く、北海道先行実施がほぼ10年後、区割り困難地域への対応を考えると10年後+αという期間がおおまかなメドになるのかも知れない。

 なお中央省庁が道州制実現の障害だという意見は25で、半数以上。そうは思わないが佐賀の古川知事のみで、これが権限委譲なのか、地方の出先機関の区割り調整の難しさのどちらが難しいのか定かではないが、小さな政府問題、地方経済の停滞問題とも関連して、国民的議論を深めるべきであろう。

 

« 道州制、新潟をどうする | トップページ | 道州制、各種アンケートの反応 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

 コメントありがとうございます。いろいろ参考になります。

 地域の住民の方の意見と、こうあるべきの意見集約、何より議論を深めることが大切ではないでしょうか。
 興味を持って見守りたいと思います。

関東の分割には反対です。歴史的・文化的・地理的・経済的に一体性があるのに、分けるのは無理があります。

南部は北部に水源を得ていますし、北部は圏央道の整備で南部と工業的に一体化しつつあります。

歴史的にも江戸と日光の結びつきをはじめ、関東は一つの地域として考えられていました。

さらに、関東は関東州としたほうが、内部での人口分散計画を立てやすくなり、望ましいと思います。

南北に分けると南側にだけ産業が集中し、北側は過疎になります。実に不自然です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/924543

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制と北関東、今日の朝日新聞:

« 道州制、新潟をどうする | トップページ | 道州制、各種アンケートの反応 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31