フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 道州制、各紙面の反応を見て | トップページ | 道州制、新潟をどうする »

2006年3月 3日 (金)

道州制と東北

 道州制と東北、北東北三県合併と関連して

  北海道の先行実施に前後する形で、青森、秋田、岩手の北東北三県の合併が2015年頃を目標に進行している。すでにこの三県の大阪事務所は合同で同じ事務所に同居している。

 この三県の地方新聞など見ていて、共通するのが失業率の高さや仙台以南との格差、県の面積が比較的大きいことや、県庁所在地が政令指定都市でないことである。合併は大規模県が小規模県を吸収する形も想定できるが、これは対等合併に近い形である。

 三県合併と道州制の13区分案と東北一帯案との対比、福島県の反対

 地方制度調査会では13区分案があり、それでは北東北三県がそのまま州となる。それ以外では通常言われる東北六県での州となる。六県の方が他のブロックとの経済力や電力など地域経済の企業も東北で一つのケースが多い。また仙台が政令指定都市であることがあるし、東京への集中の堰き止め効果を考えると、東北で一つが分がある。

 それは球団や高等裁判所、国際空港などを考えると(地方制度調査会の区割り判断材料になっている)、仙台は東北の現在でも要的位置にあるので、これを有効に使うべきである。

 ただここでネックなのが福島県の佐藤知事が道州制反対論者であることがある。関東との影響も強く、大前研一氏のように北関東に福島に区分けする案もあり、今より仙台への集中が激しくなるのもおもしろくないのはわかる。また福島民報、民友という県の地方紙が道州制になると、河北新報に浸食されるため、どうしても賛成に同意できない事情があるのかも知れない。

 

 東北の文化力を高めろ

 東北のテレビ番組欄を見ていると、九州、近畿と違うのは土曜日はローカル番組の比重が高いのだが、東北は東京の番組を流している事が多いことがある。どうしてもこれでは目が東北ではなく、東京に行きがちになる。

 だが幸いにみちのくプロレスや、楽天のような東北にチームが出来たことを活かしたりして、東北の独自色を打ち出すのが道州制成功の近道といえるだろう。

 白河の関の交流特区など

 これは福島への配慮でもあるが、白河の関がいろんな区切りとなっている。そこでこれを境目として逆に配慮して、白河地区に東北と関東の通行手形の地域通貨で産地即売の流通センターや、福島そのものは東北でも、福島空港を北関東のための空港として有効活用を図るべきである。

 

 新潟への配慮と日本海側に副都を

 一部に新潟も東北州という意見もあり、新潟は東北電力でもある。阿賀野川沿いに福島から、高速道路も開通している。そこで新潟の阿賀野川より北は東北州か、河川管理や電力会社は依然東北扱いとするか、出先機関に東北州からの出向者を出す。

 それと北東北で州とはしないが、日本海側での一定の集積を図るためと、新潟との交流を考慮して、秋田市を副都にすることを提言したい。

« 道州制、各紙面の反応を見て | トップページ | 道州制、新潟をどうする »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/906020

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制と東北:

» みちのくプロレス [アルティメットプロレス]
みちのくプロレスみちのくプロレスは日本のプロレス団体。ザ・グレート・サスケを中心に、ユニバーサル・プロレスリングに属していた選手によって設立された。運営会社は株式会社みちのくプロレス。略して「みちプロ」とも呼ばれる。「地域密着型プロレス団体」を標榜し、主に東北地方|東北六県で活動している。.wiki...... [続きを読む]

« 道州制、各紙面の反応を見て | トップページ | 道州制、新潟をどうする »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31