フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 第28次地方制度調査会道州制の答申出る | トップページ | 道州制と北海道先行実施論 »

2006年3月 1日 (水)

道州制と地方制度調査会案その反応

 道州制の導入が適当の方針

 昨日、2月28日に第28次地方制度調査会が総会で、その骨子で「道州制」導入を答申した。昨日は永田議員の会見でテレビではこの問題がほとんど話題に上らなかったが、今朝の新聞では毎日新聞などは簡単な記事であったが、読売新聞には都道府県知事のアンケートなども含めて、かなり詳細な内容が述べられている。

 これらを紹介しながら問題点を述べていく。

  答申の骨子と問題点

  答申の骨子としては以下のことが述べられている。

1,広域自治体改革の具体策として、道州制の導入が適当。

2,自治体は道州と市町村の二層制。

3,道州の区域例として、9,11,13を提示(東京をそれぞれ単独にすると、10、12、14になる)

4,道州制への移行は全国同時が原則

5,都道府県の事務は大幅に市町村に委譲、国(特に地方支部局)の事務はできる限り道州制に委譲

 これについては以下のような問題点が出る。まず1については総論でなんとか合意できるとして、2は県をなくすことができるかで、県議、知事の抵抗のみならず、県に愛着のある市民の反感感情。州の隅になる県の方や、区割りが困難な県で住民、行政の双方から異論が相次ぐことが想定できる。

 3はこれだけでもいくつもパターンがあり、区割り困難県の対応を含めて、まずやりやすい北海道の先行実施論があり、4の道州制への移行は全国同時は理念としてわかるが、現実的には不可能である。

 5は権限委譲と財源委譲、地方交付税をどうするかなどそうとうな議論が必要である。上記項目については、再度特集するが、読売新聞の都道府県知事アンケートからも、道州制の問題点が考慮できる。

 

 都道府県知事アンケートから浮かぶこと

 知事のアンケートではどちらかと言えば賛成を含めて、賛成27、反対2である。のこりはどちらとも言えない、その他である。五輪招致や東京単独州案のある石原知事がその他、一般に東北だが東京電力の原発のある福島が、州都はおそらく仙台になることを含めて反対するのがわかるし、首都移転候補地が栃木北部と、一部福島も含まれる案があることも理由として考慮できる。

 また兵庫が反対で近畿(関西)州になれば、県北部から姫路、神戸に向かう流れが大阪に向かうケースが増えることが想定できるし、市町村合併も進み、県+市町村でもいいのも理解できる。京都府なら移行段階で都道府県連合で滋賀、福井嶺南とまず一体化がなど出来るが、兵庫県はどことも組みにくいこともネックとなる。

 一方で区割り困難県でも新潟、山梨が賛成だが、後はどちらとも言えないが多い。北陸三県、三重、静岡、長野、沖縄(沖縄単独か、九州を含むか?)が態度を保留しているのは当然だろう。長野や静岡は地方制度調査会案以外では県を分割して、別の州とか県の単独案があるくらいである。

 

 また賛成している新潟の泉田知事は、関東ではなく北陸でを考えているようだが、福井県、特に嶺南が新潟と同じ州では利便性が損なわれることで反対論が多かったり、県内でも長岡市の市長は太平洋側との接点があることを強調し、関東と一体の州を主張している。区割りや州都は相当な議論が必要である。

 なお上記問題はこれから連続特集予定ですが、私が活動している日本道州制研究会会報4があります。以下に案内しますので、ご入手していただければ幸いです。

http://blogs.yahoo.co.jp/zenikinnyama/3472123.html

« 第28次地方制度調査会道州制の答申出る | トップページ | 道州制と北海道先行実施論 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/881916

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制と地方制度調査会案その反応:

« 第28次地方制度調査会道州制の答申出る | トップページ | 道州制と北海道先行実施論 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31