フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 道州制、各種アンケートの反応 | トップページ | 道州制施行、東京をどうする、東京五輪に反対 »

2006年3月 7日 (火)

道州制、長野県の憂鬱

 道州制、長野県の難しさ

 道州制で長野県も区割りが困難な県の代表例である。今回の地方制度調査会の案では、北関東、あるいは北関東:信越。当初あった8区分では関東:甲信越案があり、地方制度調査会の案では長野を広義の関東と考えているフシがある。

 ところが衆議院の比例区や道州制推進連盟の案は北陸信越になるし、中部経済連などは中部にしている。南北分離、あるいは東西分離で別の州など、いろいろな可能性が指摘できる。あるいは中央州で松本を州都という提言もある。

 長野県、信州人という意識と、伊那、諏訪という単位の意識、たびたび出る分離論

 長野は旧国名でいえば、信濃一国である。ところがさらに伊那、諏訪といった単位での国が別にあると思うといい。お国はどちらと聞かれたら、私なら大阪ですだろうが、長野では伊那などの単位が別にふるさと意識での国に該当するといえる。

 そのため信濃一国という意識と別に、地域単位や長野の東部は関東。西部、南部は名古屋、浜松など東海地方との交流が深く、長野県成立後も筑摩県との分離案や、松本への県庁移転案が提出される。

 以前、信州大学で日本体育学会が開催され、朝、バスで長野駅前に着いたが、新聞の1面が名古屋の中日新聞は岐阜の当時の梶原知事が次ぎは立候補しない話。ところが全国紙は長野市内は東京からなので新聞のどこにもそんな話がない。県紙の長野毎日は県内の話題中心で、読む新聞で載ってる情報の落差に驚かされたことがある。

 この日は長野県の歴史館も見学したが、詳細に昭和30年頃まで提出されていた、県の分割運動の歴史展示など見て、この複雑さに驚嘆させられた。ちょうど駅で売られているオレンジカードには「信濃の国」の歌詞が印刷されていた。この歌は長野五輪の開会式や、県内の小学校の運動会の入場行進曲になったりするが、その少し前にテレビで県議会で県の分割が決まりかけた時、議場にいた時、信濃の国を歌い出し、分割賛成を踏みとどまった話を見ていたので、非常に感慨深いものがあった。

 山口村の岐阜県入りと県南部の東海志向

 昨年は木曽川流域の山口村が、県から分離して岐阜県中津川市と合併した。住民投票や村議会の投票でも岐阜県中津川への編入希望は圧倒的で、いろんな経済エリアの分類でも中津川と同じエリアを形成している。

 ところが田中康夫知事はこれに猛反対。というのは道州制になればこういうことを認めれば、長野県が飯山は北陸、佐久は関東、飯田や木曽福島は東海など県が完全にばらばらになることを危惧していることである。以前から長野県の信州県への改名を提唱し、場合によっては信州としての単独州も模索しているようである。

 だが県南部の東海志向は根強いものがある。以前から三(三河)遠(遠江)南信(南信濃)という言葉があり、文化、経済圏が天竜川流域では一体化していて、道州制の際は共同歩調を取ることが暗黙の合意になっていて、今回の調査会の案で東海に長野を入れる案がないのを、飯田市の市長らが猛反発していることがある。

 田中知事と親しい、コラムニストの勝谷雅彦のように、山口村自体が圧倒的な意見で中津川に入ることを希望したのに、大阪のABCテレビの「ムーブ」の中で、そのことはいっさい触れずに、議会は国を売ったとか、自分の母親の里が長野県で、山口村まで来ると、長野に来たような気がするとして、山口村の岐阜県入りを身勝手な批判をしていたのは論外だが、区割り案で北関東で長野を一括が強行されると、天竜川流域を中心に長野県からの離脱がどんどん起こるかも知れない。田中知事が泰阜村に住民票を移したのは、県南部の取り込み策の一環かもと考えるのは、私の考えすぎだろうか?

  大きい地形、交通網の違い、統一性と棲み分けの妙案

 信濃川は新潟に流れるが、天竜川は遠州灘、木曽川は伊勢湾に流れる。中央本線は名古屋、新宿の路線だが塩尻で西線、東線に別れて直通が一つもない。川でいえば、こんな大きな川が上流と下流が別の州では洪水の時に、ダムの放流もうかうかできない。一方で交通、文化の違いは無視できない。

 そこで私の提案である。新潟、長野、静岡は同じ中部州だが、その中の仕切として、長野なら愛知、静岡と、関東、東京の影響の強いヶ所をJRの東海、東日本の範囲とも該当する、天竜川、諏訪、松本。松本から木曽福島を結ぶラインで東西に分けて、西管区と東管区とする。

 但し高校野球の予選や参議院の地方区は長野県で選ぶなど、今の県の単位は有効活用する。日本列島での東西区分になることもあるラインの活用と、古くから郷土愛が深い信州人の熱気を道州制の中で、うまく活用してほしいものだ。

« 道州制、各種アンケートの反応 | トップページ | 道州制施行、東京をどうする、東京五輪に反対 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/951803

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制、長野県の憂鬱:

» 夜行バス 大阪 福島 [高速バス]
夜行バス 大阪発 福島行 大阪発福島行きの夜行バス情報です。 [続きを読む]

« 道州制、各種アンケートの反応 | トップページ | 道州制施行、東京をどうする、東京五輪に反対 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31