フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 北朝鮮ミサイル発射問題に地域の視点を | トップページ | 日本道州制研究会7月例会の報告その2 »

2006年7月16日 (日)

昨日のつながるテレビ@ヒューマンから、日本道州制研究会7月例会の報告1,関心の高さとは何か?記事が100になりました

 昨日のつながるテレビ@ヒューマンから 語りやすい話題と大事でも語りにくい話題

 毎週、NHKのつながるテレビ@ヒューマンという番組を見ているが、番組のブログやコーナーで、全国のブログで取り上げられた事柄、単語をピックアップして番組が企画される。昨日なら子どもの安全問題やソフトバンクの王監督の王監督の入院の話があった。

 この番組はNHKの7時のニュースではないので、北朝鮮のミサイル発射と国連の協議など必ずしも、刻々と報じることもないが、たとえばソフトバンクの王監督の入院は気がかりだが、重要なことかというと疑問である。

 これに対して先日は松江市で全国知事会議が行われていたが、NHKのニュースで始まった話は報じられたが、他のテレビ、新聞ではこれが報じられたことは極めて少なかった。だがポスト小泉の政策で、格差社会、道州制の施行は重要課題であり、今の地方の顔である全国の知事が集まり、政策を語り合うことが報じられないのは個人的には悲しい想いである。しかし全国知事会議というのがあることを知らない人が大多数の現状では、市民のブログはもちろん、マスコミが取り上げないのも止む得ないだろう。

 昨日の日本道州制研究会7月例会、討論による世論調査による関西州の提案と世論喚起の難しさ

 昨日は評論家の大前研一氏が主宰していた「平成維新の会」から派生した、政策検討グループ「一新塾」の関西のメンバーから、関西州をテーマにデリバレーテイブホール(討論型世論調査)で、関西州について、討議して地方発信の道州制案を提示しようというものである。

 この方法は普通の世論調査だと、仮に道州制についてとなると「よくわからない」とか、高校野球で県代表が出せないので反対となったり、道州制について関心のある人集まれとなると、関心のある人が集中しすぎたり、逆に反対派が意図的に集まる危険性もある。

 これに対して、無関心な市民を300人以上サンプリングして、そのテーマについて情報を与えて、討議してそれを集大成して、政策案として世論に示していくものである。イギリスやオーストラリアでは似たような取り組みがあるそうで、ある事項についてそういうプロセスを経た世論調査結果が、そうでない場合と異なる報告が出ている。

 テレ朝の「朝まで生テレビ」、NHKの「BS討論」「日本のこれから」上記のつながるテレビあたりで、上記のような方法で、賛否の分かれる意見や、あるテーマで結論をまとめる取り組みをやってみてほしいとも思うが、報告の後、無作為の300人を集めることの困難さを指摘する声もあった。この討論による世論調査と関西州問題は次回改めて報告する予定である。

 記事が100に達しました

 この新規記事で、記事が100になりました。アクセスも8500を越え、ヤフーのブログ検索でも道州制に関する代表ブログ9つの中で第1位、ライブドアブログ検索の適合度で、道州制で見れば、上位10位の中に、私の作成したのが8つ入っています。

 区割り問題や格差社会論、交通問題など関心が高かったようですが、今後ともよろしくお願いします。

 また1~100の目次など別個作成の予定です。

« 北朝鮮ミサイル発射問題に地域の視点を | トップページ | 日本道州制研究会7月例会の報告その2 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/2676663

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のつながるテレビ@ヒューマンから、日本道州制研究会7月例会の報告1,関心の高さとは何か?記事が100になりました:

« 北朝鮮ミサイル発射問題に地域の視点を | トップページ | 日本道州制研究会7月例会の報告その2 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31