フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 滋賀県知事選挙結果、朝日新聞の地方交付税削減問題記事を見て | トップページ | 日本道州制研究会7月例会のお知らせ »

2006年7月 8日 (土)

今月は河川愛護月間、水利用や地域開発を問う

 昨日は川の日 今月は河川愛護月間

 昨日、7月7日は七夕であると共に、川の日でもある。また7月は河川愛護月間でもある。梅雨末期の大雨が今年も九州北部を中心に大暴れ。一方で夏休みに入る頃から太平洋高気圧が優勢になると、今度は渇水の危険が増す。

 大雨と渇水という好対照な天気が見られ、夏休みに入り水辺のレジャーも盛んになる。河川愛護月間が7月というのは理に適うといつも思うが、海は海の日が祝日になるなど、その扱いも大きいが、国土で海に面していない県もあるが、川のない県はない。もう少し川についての国民的論議を深めるべきである。

 脱ダム論争に思う

 長野県の田中知事の脱ダム宣言が波紋を呼び、全国的にダム建設計画の見直しが相次いでいる。しかし一方で地球温暖化の影響か、従来考えられなかった集中豪雨も増えて来ている。私なりに脱ダムか否かの問題を考慮したい。

 まずダムなり、堤防を補強するなり、それが洪水調節に名を借りて不要なダムが造られている指摘が多く、計画のストップ自体には賛同する。しかしダムを作らないことを目的とする、田中知事のような選択には私は賛同できない。

 たとえば従来、名古屋市の一日の最高雨量は200㎜台であったが、2000年の東海豪雨では400㎜を越えている。またテムズ川などヨーロッパの大河なら、川の最小と最大流量の差は1と50を越えることはまずないが、日本の大河川はそれが1と1000を越えることはざらである。

 ダムが無ければ洪水と渇水の双方に対応できないし、2004年に足羽川大水害を経験した福井県で、40年建設が計画以来保留されていたのが、地元の池田町も建設に合意するなど、「脱ダム」ありきではなく、起こりうる洪水と渇水を天秤にかけて建設するか否かを決める配慮が必要である。

 河川問題に広域地域での対応を

 昭和40年に台風24号の豪雨で、琵琶湖の水があふれたが下流の京都、大阪の洪水を防ぐために、南郷の洗堰の開放が建設省(現国土交通省)が認められず、県議会で知事があの時は堰を壊したい心境だったと述懐したことがある。

 また道州制で北陸信越案があるが、木曽川、天竜川のような大河が上流は長野県で、その北陸信越、あるいは北関東州に長野県が編入され、下流が愛知、静岡で東海州、または中部州に編入されることが想定できる。

 淀川の下流と上流でもこういう問題が起こったが、これが違う州で洪水調節となるとより大変である。これに対応するため、今の1級河川から流域面積や長さ、歴史性から国と、複数の道州で管理する特級河川(信濃川、淀川など)を制定したり、天竜川であればその流域は三遠南信と呼ばれ、三県を跨いで一つの経済・文化単位を形成している。今後の道州制の検討に際しては、有力河川は極力別の州にならず、区割りや管区の線引きに活用することを提言したい。

 河川や水利用についての活発な討議の場を

 たとえば、河川敷一つでも高速道路の敷地にという考えもあれば、公園に活用されているケース。野鳥などの保護のため特に手をつけないケースなど様々である。従来は官庁の調整でバランスを取って施策していたが、これからはネットでの意見交換や、つながるテレビ@ヒューマンやBS討論のような視聴者の意見を募る番組を活用したりして、河川や水利用のあり方を考えて行きたいものである。

« 滋賀県知事選挙結果、朝日新聞の地方交付税削減問題記事を見て | トップページ | 日本道州制研究会7月例会のお知らせ »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/2557054

この記事へのトラックバック一覧です: 今月は河川愛護月間、水利用や地域開発を問う:

» 村井仁の動画(長野県政に対する思い) [NAGANO 81]
長野県政に対する 村井 仁の思い (約10分30秒) 画面左下の「再生」ボタンをクリックするとスタートします。 村井 仁の思い|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ ビデオをお借りしたのでUPしときます。 ... [続きを読む]

» 100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」の誕生 [100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」]
はじめまして。次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」誕生のご挨拶させていただいております。毎日少しずつ進化する楽しいコンテンツ満載のポータルサイトです。ぜひ一度お越しください。それでは失礼致しました。 [続きを読む]

« 滋賀県知事選挙結果、朝日新聞の地方交付税削減問題記事を見て | トップページ | 日本道州制研究会7月例会のお知らせ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31