フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« タウンミーテイングin大阪テーマ「道州制」に参加して | トップページ | 道州制、日本と地域社会を語る‐山中鹿次の提言‐1から100の目次その3(題目と日付)5月 »

2006年8月 3日 (木)

今週の話題に思う

 今週のニュース、話題に想う

 梅雨明けと共に水の事故が多いが、海で高波にさらわれるならともかく、市営プールで排水孔に引き込まれてお子さんが亡くなった事故は、保護者やプールの管理責任者には相当なショックであったと想う。だが注意しないとこれからも増える事故であることは間違いない。

 私はスポーツ法学会の会員でもあるので、直接この問題について言及したことはないが、スポーツ事故の判例を聞いていると、これはこどもが使用する施設であり、泳ぐ側の自己責任で済まされる問題ではなく、厳しい処置が取られることが想定できる。

 だがこういう状況は今後も、これを教訓に出来ないとますます増える懸念がある。というのは今回も原因の一つに市町村合併に伴う業務委託が原因だと指摘する声があるし、おまけに団塊の世代が定年になると、公園管理に精通した職員が退職することが起こる。引き継ぐことや合併は、伝達が不充分だと再発は防げないし、合併なり道州制の施行はうまくやれば、点検の絶好の機会でもある。形式ななんでも危険主義は困るが、安易な委託業務はゴミ収集とか、公務員削減の風潮の中で再考すべきだろう。

 前日の亀田選手の判定問題に想う

 昨日の亀田選手のボクシングの世界戦。日本国内なら通常みびいきが入りがちなのに、ヤフーのネット調査では93%が亀田選手の負けとするくらい明らかな亀田選手の劣勢。にも関わらず亀田選手が勝ったことについては、放送したTBSに6万を超える抗議のメールや電話が殺到したという。

 たかがボクシングの勝ち負けだが、これだけ抗議が殺到したのは昨今の勝ち組、負け組という二分法でいえば、実力で勝ってる方が負け組にされ、負けた方が勝ち組と結果が入れ替わったからである。格差が実力なら仕方ないが、格差は作られるものだというのに、みんな不満なのにせめて人の面前で行われるスポーツで、こういうことが起こるのは、ある種許せないことなのだろう。

 また東京中心のマスメデイアのステレオタイプな構造が、こういう構造を招いたと思う。世界戦であっても東京の報道、広告は傑出していて、判定する方に余計な圧力も想定できるし、大阪の親子ボクシング、三兄弟という物語性が、実力以上に誇張される。もう日本人の身びいきということで済まされない。

 TBSは世界陸上でも選手の人間ドラマ、物語性を強く出し過ぎ、かえって心証を悪くしているが、道州制になりその拠点都市の放送局がいくつかのキー局になり、広告代理店や制作会社も分散していけば、物語性が過剰に強くならず、むしろ視聴者に受け入れられる放送が可能になると思うのだが。

« タウンミーテイングin大阪テーマ「道州制」に参加して | トップページ | 道州制、日本と地域社会を語る‐山中鹿次の提言‐1から100の目次その3(題目と日付)5月 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/2919997

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の話題に思う:

» 業務委託 代理店の注意点 [賢く労働・楽して収入【お仕事総合インフォメーション】]
業務委託 代理店の募集 業務委託や代理店として仕事をするという場合、 会社と.... [続きを読む]

« タウンミーテイングin大阪テーマ「道州制」に参加して | トップページ | 道州制、日本と地域社会を語る‐山中鹿次の提言‐1から100の目次その3(題目と日付)5月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31