フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 戦争体験と国家、地域、個人 | トップページ | 飲酒運転死亡事故に地域事情を見る »

2006年8月31日 (木)

2016年の夏期五輪国内候補地東京に決定

 昨日のJOCの委員会で東京が2016夏季五輪の国内候補地に決定

 昨日、30日東京と福岡が立候補し、投票で国内候補地を決定したが、55名の投票で33対22票で東京の選出となった。

 東京ありきの方針に疑問

 そもそも福岡の方が先に名乗りをあげていたのに、3月に東京が立候補を決定したことが報道された時は、大々的に報道し、国民の多くは東京の名乗りで福岡が出ていたことを知った方が多かったと思う。

 一時、競技団体は福岡の評価が高いことが明らかになれば、JOCの方が福岡の財政力や予定地に民地が含まれることなど、急に指摘し東京優位のような報告書を作成したりするのは、どうも東京ありきでいただけない。福岡も運動の過剰さなど見苦しい側面もあったが、「福岡ごとき」という東京の態度も問題である。

 東京集中の懸念

 福岡市民の反対論として、財源問題をあげる意見がある。しかし東京五輪となれば今、問題になっている東京と地方の格差が政治の重要課題になり、2016年といえば道州制の施行前後になっている可能性が強い。

 まだまだ国外との候補地争いがあるが、石原知事が三選を表明しアジア外交の修復にもマイナスである。日本の国土の均衡ある発展のためにも、国なり、九州全体、西日本全体の援助で福岡で五輪を支持してほしかった。

 もしくは東京になるくらいなら、南米、アフリカなど未開催地域か、アジアでも日中韓以外ではアジア大会の開催が多い、タイのバンコクあたりでやっていただく方が世界全体のためには望ましい。

 福岡や日本の今後について

 東京が敗北し、今後、2020年などに立候補しないのなら、福岡が再度立候補したり、財源が豊富な名古屋が時期を見て立候補を検討してもいい。また国のG8サミットも州都クラスの都市を一巡するまでは、関東、東京での開催はすべきではない。

 そして福岡は、東京マラソンが来年市民にもオープン化されるが、福岡国際マラソンも市民へのオープン化を検討したり、2027年は筑紫国造磐井の叛乱1500周年でもある。磐井の叛乱は反中央の象徴として、道州制施行から2027年まで、プレイベント、記念行事を開催すべきである。

 明日は防災の日。東京五輪よりも防災対策とその一環として、全国に国際行事や人口や、権限を分散することを優先させるべきであろう。

« 戦争体験と国家、地域、個人 | トップページ | 飲酒運転死亡事故に地域事情を見る »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

皮肉になってしまいますが、中央集権体制で冷静に検討すれば、候補地は九州になった可能性が大きかったと思います。
これからは地方と地方が競争する時代になれば、このようなことが続々とおきてくるんじゃないでしょうかね。
例えば首都圏の人が連続して首相になるとか。
分権と自主財源化が進めば、東京一極集中も進むという働きは少なからず出るでしょう。

注意しないとそうなります。2008年のG8サミットは横浜が名乗りをあげていますが、小泉首相、河野議長と三権の長が神奈川ですし、東京の隣りということで五輪PRを兼ねてそちらでという意見が出る恐れがあります。新潟、京都などでサミットを開催してほしいし、財政面はともかく2008が大阪五輪だったら本社の東京シフトは無かったといつも思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/3265888

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の夏期五輪国内候補地東京に決定:

« 戦争体験と国家、地域、個人 | トップページ | 飲酒運転死亡事故に地域事情を見る »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31