フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 日本道州制研究会9月例会の報告 | トップページ | 地上デジタル放送への期待と不安、道州制との関連 »

2006年9月20日 (水)

自民党安倍新総裁決まる

 自民党総裁に安倍晋三氏選出される

 今日、自民党総裁に安倍晋三氏が選出された。昔の角栄、福田。大平、福田のような激しい選挙戦ではなかったが、小泉時代が5年も続き、自民党も様変わりした感がある。それは田中角栄に代表され、地方政策重視で親中国路線の旧竹下派(現津島派)や、宏池会のように大平、宮沢らやはりリベラル系の勢力がいくつも分裂した。

 一方で、タカ派色の強い旧福田派のグループから森、小泉、安倍と3人の首相が出ている。森元首相は小渕氏の病気、死去によるハプニングなので、小泉首相からで考えると、欧米の20年遅れのネオリベ路線と見ると、小泉がサッチャーなら、安倍氏はイギリス保守党でも線が細いメージャー首相に近いのかも知れない。

 安倍新総裁と道州制

 小泉内閣時代に道州制に関する答申が出て、安倍新総裁もその路線を継承し、3年後を実施のためのメドをつける期間としている。

 だが道州制をネオリベ的な東京集中、地域格差を助長するものか、小泉内閣時代に拡がった格差を縮小するものかで、まったく性格が異なる。さらに安倍氏の選挙基盤である山口県下関周辺は中国地方とはいえ、文化的、経済的に明らかに北部九州の影響が強い。

 区割り設定は道州制での最大の困難要因であるが、安倍氏自身の経験などから区割り困難地域への配慮策などあるのだろうか?

 小泉路線の継承か転換か?

 小泉という人のおかげで政治の透明度は高まったが、アジア外交の停滞や格差社会の拡がりなども大きくなった。まったく同じでないが、政策の舵取りを継承に比重を置くか、転換におくかなど今後の動向を見守りたい。

« 日本道州制研究会9月例会の報告 | トップページ | 地上デジタル放送への期待と不安、道州制との関連 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/3517327

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党安倍新総裁決まる:

» 駆け出し運命鑑定士の勝手に四柱推命館!! [安倍晋三さまの運命は?]
こんにちは。安倍晋三さまの運命鑑定をしてみました!!はたしてその運命は!?ぜひご訪問ください。ご覧いただけるとほんとにうれしいです(^^・・。もし必要なければお手数ですが削除してください。失礼いたしました。 [続きを読む]

« 日本道州制研究会9月例会の報告 | トップページ | 地上デジタル放送への期待と不安、道州制との関連 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31