フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« おめでとう北海道日本ハム、中日ドラゴンズ | トップページ | 病気休暇問題、福島県前知事逮捕に想う »

2006年10月19日 (木)

いじめ自殺問題と地方の憂鬱

 北海道滝川市、福岡県筑前町の自殺事件

 先日は北海道滝川市での小学生女児自殺が話題になったと想えば、最近は福岡県筑前町での、中学生男子の自殺事件が起き、全国的に波紋を呼んでいる。後者の筑前町については、このいじめを指すのかわからないが、地元議員のHPなどで、中学で不祥事が起きていることについては、春頃から目にしていたので、なるほどと想う部分もあった。殺伐とした子どもの事件は大都会の出来事と言えない昨今の事情を考えたい。

 地方の子どもに溜まるストレス

 よく地方の方が自然が豊かで、子どもの成長にいいのではないかと普通に思いがちである。ところが社会学者の宮台真司氏の指摘にあるように、子どもが自然で遊ぶことを志向しなければ、そのことにあまり意味はなく、大都会のように息抜きの場がなく、行動の匿名性が確保されていないため、妙なストレスが溜まることを指摘していた。

 宮台氏はやはりいじめ自殺で、岡山県総社市で古墳の復元盛り土を指さされ「あれはおまえの墓だ」と指さされたケースを例にあげて、地方の陰湿な部分を指摘している。

 またやや年代は下がるが、近年は荒れる成人式の問題が生じている。これは不思議なことに、明らかな過疎地の小規模な市町村では起きないし、東京や大阪のような大都市でも起きない。地方都市でそういう問題が多発しているのである。

 コミュニテイと個人の兼ね合い

 山村留学や離島なら、まだまだコミュニテイが維持され、大人から子どもまで顔見知りでいじめや非行の抑止にもなる。一方で大都会だとコミュニテイが崩壊しているが、学校がイヤなら匿名性が保たれているので、不登校やフリースクールに行くなり、子ども同士も趣味が合わなければ、無理に人間関係を構築しないようなドライな人間関係もできる。

 今回のいじめ自殺の舞台を見ると、自治体規模からコミュニテイ機能も、ドライな人間関係も構築できなかったことが、自殺した方、追い込んだ双方にいろいろと拍車がかかったのではないだろうか。

 広域的地方単位での教育行政の点検を

 今回の自殺の発覚まで、地元の中学、教育委員会の対応は問題としても、全てを地元で対応しようとすると、むしろいじめを摘発したがために、その学校が処分を受けるので、隠蔽に拍車がかかる側面がある。

 さらにこういう問題を文部科学省や、教育再生会議あたりに対応させると、教員の研修を長くしたりとか、教育現場に負担、ストレスを増すだけの結果になりかねない。

 そうではなく、北海道、九州は道州制が全国に先駆け、早期実施が検討されている地域である。北海道なら若年層の失業が若者にどのような不安を招いているのかや、九州なら福岡市のような大都市、九州の中の山間部の町村。筑前町のようなそのどちらでもない場所で、いじめや非行問題はどう違うのかという、大きすぎず、しかし視野の狭すぎない検討が必要ではないだろうか?

 また大阪以西だとお笑い文化の弊害で、先生なり周りの生徒がクラスを盛り上げるつもりのジョークが、あたかも漫才のギャグのつもりでいい放ち、それが結果的に自殺につながるショックを与えるケースや、日本海側なら大人を含めた気候が心理的に自殺につながる側面まで、考慮すべきである。

 いじめ問題は戦後教育のせいではない

 教育基本法改正や、戦前回帰志向が今の安倍内閣は強いが、たとえば私が子どもの頃は、日教組の組織率が高い時代だったが、その時代はいじめや学力低下が少なく、その組織率が下がると共に教員の裁量権が低下、中曽根内閣以降に教育の国家主義的色彩が模索されると、そういう問題がより肥大化した。

 また戦前は軍隊で上級兵の陰湿ないじめが多発していた。何か厳しくすれば問題が解決する短絡的な方も多いが、弱い者を見つけていじめて鬱憤はらしさせない、希望の持てる社会にすることが先決ではないだろうか。

« おめでとう北海道日本ハム、中日ドラゴンズ | トップページ | 病気休暇問題、福島県前知事逮捕に想う »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。九州国立博物館においでの節はお声を掛けてください。筑前町は直ぐ近くです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/3884265

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ自殺問題と地方の憂鬱:

» 失礼いたします。 [うつ病を克服しストレスフリーな生活を手に入れる方法]
いじめを少しでも減らすには、学校の改善よりも国全体の心理的改善が必要かと思われます。(このトラバが迷惑な場合、削除願います。) [続きを読む]

» ★★女性の転職/求人情報・女性の転職ナビ★★ [★★女性の転職/求人情報・女性の転職ナビ★★]
このHPは女性の求人を多く扱う「人材紹介」「人材派遣」などの転職/求人サイト集です。有効に活用頂き、良い転職先をお探し下さい。 [続きを読む]

» 派遣って [558110の短期アルバイト アルバイトした~い]
派遣が最近は、会社を支える一つとなっているみたいですね。 人材派遣の会社も、増え... [続きを読む]

» ドクターエージェンシー [転職・求人情報サイト]
■【12,500人のドクターに信頼されるには理由があります。】■ ◆『民間医局』─メディカル・プリンシプル社◆民間医局は“ドクターが医療に専念できるインフラの構築を目指して”をコンセプトにスタートしたドクターエージェンシーです。■■キャリアコンサルティングサービス■■・全国6,500施設以上の医療機関から 最新リクルート情報をご提供・契約から勤務開始後のアフターフォローまで、 専任のエージェントが責任を持ってサポートいたします。・臨床研修、専門研修、大学医局への入局に関...... [続きを読む]

» 転職 [558110の短期アルバイト アルバイトした~い]
転職というのは、人生の一つの転機であります。 これは、慎重にやらなければなりませ... [続きを読む]

» 30代で年収アップ~女性30代の転職・年収事情 [30代で年収アップ大作戦~年収アップ成功者の秘密 ]
★年収アップを望んでいるのは男性だけ!?★ある調査によると、女性の継続就業意識は、1987年は20.3%でしたが2002年には29.5%まで上昇する一方、女性の転職率は、1990年は5.4%でしたが2005年には7.8%まで上昇しています。ここから、「同じ会社に長く勤めたい」という気持ちがありながらも妥協できないという女性の転職事情が伺えます。仕事選びは、自分の人生の大部分をすごす場所を選ぶことにもつながります。転職を考えている女性は、せっかくなので、妥協しないで自分を活かせ...... [続きを読む]

» 派遣情報! [派遣情報!]
「人材派遣」(労働者派遣)に関するRSS情報集です。 [続きを読む]

« おめでとう北海道日本ハム、中日ドラゴンズ | トップページ | 病気休暇問題、福島県前知事逮捕に想う »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31