フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 子どもの体力低下を憂う | トップページ | いじめ自殺問題と地方の憂鬱 »

2006年10月13日 (金)

おめでとう北海道日本ハム、中日ドラゴンズ

 日本シリーズ日本ハムVS中日に決まる

 今週はパリーグでは三つどもえのプレーオフを勝ち抜いた日本ハム。セリーグは阪神の猛追撃を振り切った中日の優勝となった。今シーズンは開幕前のWBCを含めて見応えのあるプロ野球であった。

 薄っぺらい全国区 巨人の衰退に想う

 一方で、巨人だけはその盛況さから取り残されたようである。テレビも夏以降は時間延長が無くなり、去年くらいからは北海道、東北はほぼ巨人戦のみだったのが、どんどんと日本ハム、楽天の試合放送に変わっている。

 また最近は東京のニッポン放送のナイター中継が、巨人戦があっても阪神戦をやったりと、テレビ視聴率5%とともに、その凋落ぶりが著しい。

 巨人だけはある意味全国区のチームだっただけに、チームが低迷し、関東以北にチームが出来たり、ヤクルトが東京ヤクルトを名乗っているだけに、もはや今の時流に合わないといえる。

 

 道州制の判断材料にも。必要な支出、不要な支出、社会を映すプロ野球

 プロ野球球団の有無は、地方制度調査会の区割り基準の判断材料にさえなっている。有力広域ブロック新聞の北海道新聞、中日新聞のエリアの二チームが優勝したのは、道州制の流れを先取りしたように見えてくる。

 これに対して、巨人の低迷は中央集権で無駄な公共事業などの弊害と同様、時代遅れと、無駄な選手補強がだぶって見えてくる。一方で年俸を絞りウッズ選手を放出した横浜が最下位、それを受け入れた中日が優勝しているのを見ると、無駄は行けないが、さりとて経費節減で何度も景気回復の機会を逸した、財務省の政策のようにも見えてくる。

 戦後の高度成長にピリオドが打たれた時、中日が優勝したり、長かった不況に明るさが見えてきた時、阪神の優勝があった。プロ野球の変わり目は社会を映す鏡のようでもある。

 来年のプロ野球。どんな社会の鏡を写すのか。今から開幕が楽しみである。

« 子どもの体力低下を憂う | トップページ | いじめ自殺問題と地方の憂鬱 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/3794127

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう北海道日本ハム、中日ドラゴンズ:

» 豊洲駅 [http://10tyouget.livedoor.biz/index20.rdf]
中日ドラゴンズ優勝情報満載です! [続きを読む]

» 4連勝で北海道日本ハムファイターズが日本一に [田中幸雄名球会への道]
日本ハムを率いて4年目、トレイ・ヒルマン監督(43)が、北海道に初めて日本一球団を誕生させた。ナゴヤドームでの初戦こそ落としたが、その後は4連勝。勝利監督インタビューでは、代名詞となった「シンジラレナ~イ」を叫んで喝采を浴びた。外国人監督のシリーズ制覇は、昨年のロッテ・バレンタイン監督に次いで2年連続2人目となった。 ... [続きを読む]

« 子どもの体力低下を憂う | トップページ | いじめ自殺問題と地方の憂鬱 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31