フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 地域の話題、課題あれこれ | トップページ | まだまだ続くいじめ自殺問題 »

2006年11月22日 (水)

沖縄県知事選挙など地方選挙の結果など

 19日の地方選挙 沖縄県、福岡市、尼崎市

 19日の沖縄県知事選挙は、自民、公明の擁立した仲井真弘多氏が、民主、共産らが推した糸数慶子氏を破り、初当選。一方で福岡市長選挙は現職の山崎広太郎氏が敗れ、民主らが推した吉田宏氏が当選。また同じ日行われた尼崎市長選挙は政党の支持を受けない、白井文氏が当選した。

 それぞれの選挙区事情

 沖縄の場合、一時、負けた糸数氏の優勢が伝えられたり、直前の出口調査でもそういう反応が出ていた。だが沖縄の場合、米軍の基地問題に強硬な態度だった当時の太田知事が破れ、去年の自民圧勝の選挙で野党候補の方が強かったり、選挙結果がある種へそ曲がりというか、バランス感覚の取れた結果になっている。

 また今回、仲井氏が経済問題を争点にしたため、全国で最も失業率が高く、所得も低い現状が選挙戦を有利にしたようである。

 一方、福岡市長選挙は現職の山崎氏が福岡市の五輪招致失敗で、民主の推薦が得られないことが大きく響いたし、尼崎の場合、4年前の初当選以後、尼崎市に松下のプラズマ工場誘致など、長らく市政の混乱と工業地帯の停滞に歯止めをかけたことが、政党の推薦なしで、再選を果たしたといえる。

 地方選挙は、個々の選挙区事情が大きく反映するため、これで安倍内閣の支持の度合など判断しかねる。

 道州制、地域再編との兼ね合い

 沖縄は従来からの道州制論や、国の出先機関は沖縄単独と、九州:沖縄で構成されているものが、ほぼ半分半分。先の地方制度調査会の区割り案では沖縄を一つの州とし、

九州経済同友会の提案する「九州自治州構想」では、九州:沖縄で一つの州を提言している。

 沖縄県民は沖縄単独州希望が多いが、経済力では九州と一つの州が有利といえる。基地問題とも絡み、九州:沖縄と同じ州。単独州。同じ州で特別管区。今の県のままで権限移譲を強める政令県など、様々なパターンが考慮できる。新しい知事の任期の中で、県民を含めてどのような判断がされるか注目できる。

 また福岡市は五輪招致に敗れたが、九州が道州制で最も熱心な地域であることや、九州新空港問題などがある。さらに尼崎市は大阪市の隣りであり、道州制で府県廃止の場合は、大阪市との併合もあり得るし、周辺の西宮市などと合併し、政令指定都市になることも可能である。

 選挙のあった自治体の今後は、今後の道州制の検討や、来年の統一地方選挙を含めて、注意を払うべきだろう。

 先日の東京国際女子マラソン、マラソン、駅伝の都市格

 先日の東京女子マラソン、以下で特集しました。 

http://blogs.yahoo.co.jp/zenikinnyama/42182799.html

思えば北は札幌の北海道マラソン、南は福岡国際マラソンのように、100万都市レベルの市では全国放送される駅伝、マラソンが開催されている。昨今増えた70万レベルの政令指定都市では、開催されているマラソン大会が、全国中継には至らない。別府大分毎日マラソン、びわこマラソンは例外だが、古い歴史を持つ大会だけにその先見性を感じさせる。前橋や岐阜開催の実業団駅伝がレベルは高いが、どうしても印象に残りにくいのは、街の知名度のせいだろうか。

 でも大会が続くことで、全国にこれらの街の知名度が上がれば、東京集中の文化の一角が崩せるのかも知れないのだが。

« 地域の話題、課題あれこれ | トップページ | まだまだ続くいじめ自殺問題 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/4279729

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県知事選挙など地方選挙の結果など:

» モデル岩瀬直美のblogができました [岩瀬直美 is blog]
元オスカーの売れっ子モデル岩瀬直美のblogができました。更新中です。ご覧下さいませ。 [続きを読む]

« 地域の話題、課題あれこれ | トップページ | まだまだ続くいじめ自殺問題 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31