フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 木枯らし1号襲来、見逃しがちな気象災害への対応を | トップページ | いじめや自殺、教育再生と社会を問うその1 »

2006年11月 9日 (木)

道州制の動き急ピッチ

 道州制の動きここにきて急ピッチ

 安倍内閣で道州制担当大臣が置かれた他、内閣府が来年、道州制に関する意識調査を行うこととなった。道州制については国民の方は「まだよくわからない」や、都道府県に対する愛着など、文化的側面など読みづらい側面がある。

 頭ごなしでなく、しっかりした意識調査を行い、道州制の討議をより積みかねるべきである。一方で自民党の道州制調査会は、区割りについては地方制度調査会の中間案である、11ブロック案をたたき台にして、論議を深めることとなった。また自民党の中川幹事長の最近の著書でも、国の活力回復の手段として、道州制の導入の必要性を説いている。

 地方の動きも活発化

 5日にお伝えした福岡フォーラムの特集のみならず、先月は九州の知事会、市長会が開催されているが、九州は一つという形で、道州制の推進で動き始めている。まもなく行われる熊本市の市長選挙でも、熊本市の州都や政令指定都市実現が大きな争点になっている。

 また地方制度調査会の県の分割を認めないことや、長野県を中部に入れる案がないことにも反発が強まっている。

 長野県南部は三遠南信地域として、愛知県の三河、静岡県の遠江地区との結びつきが、歴史的にも、今の経済交流でも非常に深い。そのため地元のシンポジュームでも、愛知県と同じ区割りを求めるアピールが、首長や選出国会議員から相次いでいる。

 今の村井知事が道州制の結果、県の解体に否定的でないこともあり、三重、福井、静岡など、同様の問題に直面する地域の問題もあり、今後の動向が注目できる。

 一方で、全国知事会で道州制特別委員会委員長を務めていた、和歌山県の木村知事が辞任し、捜査の手が伸びている。昨今、地方の不祥事の摘発が相次いでいるが、これが国の不祥事の隠蔽や、道州制を地方の手足を縛る骨抜きとしないように、動向に注目したい。

« 木枯らし1号襲来、見逃しがちな気象災害への対応を | トップページ | いじめや自殺、教育再生と社会を問うその1 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/4129092

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制の動き急ピッチ:

» お知らせ [IN BLOOM]
シンポジウム開催が近づいてきた。 ここでもせっかくだから宣伝。 院生の企画運営だから手探り状態でやっているなかなか難しいものである。 北海道の自律的な地域経営をどう行うか、そこで道州制をどう利用するか、 そんなことを取り上げます。ご関心あれば是非いらして下さい。 「北海道スピリットの再生ー自律ある地域のための道州制ー」 会場 北海道大学 クラーク会館大講堂 日時 12月2日(土) 1�... [続きを読む]

« 木枯らし1号襲来、見逃しがちな気象災害への対応を | トップページ | いじめや自殺、教育再生と社会を問うその1 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31