フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« まだまだ続くいじめ自殺問題 | トップページ | 神岡鉄道廃線、元鉱山地帯と構造斜陽 »

2006年11月27日 (月)

自民党郵政造反組の復党問題に思う

 自民党郵政造反組の復党問題に思う

 今、自民党の郵政造反組の復党問題で自民党も世論も揺れている。私個人は道州制で、過疎地の多い北海道なら公社、関東なら民営で配達機能はネットワークで維持のような方法を考えているので、あの二者択一の衆議院選挙そのものに疑問があるし、郵政など年金問題とかに比べて重要な問題だと認識すべきでないと思う。それを踏まえた上で、この問題について述べていきたい。

 一つ違えば全てだめか

 こういう問題を考える際に、組織票が多い造反組を復帰させた方が自民党にプラスか、世論のマイナスがあるから、復帰させない方が自民党にプラスかという問題はあるが、一つ違えば全てダメかということがある。

 というのは、政党に属していても個人の思想、信条や有権者の意見もある。外国では自分の政党の賛成している法案に、反対することは皆無ではないそうだし、独裁政治を阻止するため、ときどきはそういう方がいると救われる気はする。

 

 継承なのか修正なのか

 小泉首相の時代に復帰を許せば、明らかに有権者への裏切りである。だが安倍内閣が小泉路線の継承に力点を置けばこれは許すべきでないし、格差や地方切り捨ての小泉政治の歪みの是正に力点を置けば、彼らを復党させるのはおかしくない。

 同じと違うの政治力学

 自民党や民主党のような大きな政党は、政策に関するかなり違う点があっても、政権に近い議席を持つだけに「同じ」点を見つけて、矛盾点があっても一つの政党になっている。

ところが社民党と共産党の政策の差はほとんど差異がないが、支持団体の対立などで一つの政党どころか、選挙協力すら滅多ににない。

 最近まで市町村合併で、どうしてこことここが合併ということもあれば、暗唱に乗り上げる場合もある。もちろん損得勘定は大きいとしても、同じ点で一致できるか、違う点を探すかで反応は異なるだろう。

 道州制の区割りでも、近畿と九州の間という「同じ」で一致すれば、中国、四国だし、瀬戸内海という仕切りを違うと考えれば、別の州にとなるだろう。こどものいじめにしても、こども同士が違う点ばかり探せばいじめにつながると思う。

 また同じではないが、違いは少ない、似ているという認識の仕方も、うまく使い分けないといけないかもしれないのだが。

 

 

« まだまだ続くいじめ自殺問題 | トップページ | 神岡鉄道廃線、元鉱山地帯と構造斜陽 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/4337531

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党郵政造反組の復党問題に思う:

» リボン付カ [「同性愛」は]
の一層 スポーツ は クリスマスマーケット [続きを読む]

» 自民党造反組復党 その実情 [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
TBさせていただきます。 11人の自民党造反組みが復党しました。しかし、その内情は?さつきさん、ゆかりさんにあてて、レポート。 [続きを読む]

« まだまだ続くいじめ自殺問題 | トップページ | 神岡鉄道廃線、元鉱山地帯と構造斜陽 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31