フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 道州制、市民と有識者の落差 | トップページ | 長崎市伊藤市長の悲劇を悼む、最近の道州制に関する動向と課題4 »

2007年4月17日 (火)

日本道州制研究会会報5、最近の道州制に関する動向と課題その3

 2)第28次地方制度調査会案の問題点、昨今の政府政策と関連して

 地方振興策としての道州制と新自由主義的道州制案

 第28次地方制度調査会案では、財源や権限移譲など河川管理の権限移譲や、財源移譲や財源の見直しなどが諮問されているが、具体的な提案には至らず、試案として出された区割り案もこれまでの各方面からの提案が有効にいかされているかははなはだ疑問である。

 これは昨今の市町村合併や地方交付税の削減など、現在の安倍内閣以前に5年間続いた小泉内閣との関連が考慮できる。

 小泉内閣ではそれまでの地方への再配分としての補助金行政や、地方での公共事業重視の姿勢を崩した他、国会でも決議された首都移転の検討も棚上げされた。このことはそれまでの赤字国債の乱発、財政の悪化体質の歯止めと、東京中心ではあるが、景気回復につながった側面はある。

 しかしこの政策は1980年代の英国のサッチャー、米国のレーガンに代表される「新自由主義」的政策に該当し、英米と同様に国家主義的路線や、地方経済や社会的弱者の切り捨てといえる、社会的痛みが増大した。

 道州制も小泉内閣時代の審議の中で、検討され、現在の安倍内閣に継承されているため、現在の政局とも関連し、国や国民のための政策をどうするかで、かなり内容が異なることが想定できる。

 地方の自立論の危険性

 今、道州制や市町村合併で「地方の自立」が叫ばれる。だがこれは地方の裁量が拡大するメリットが生まれる側面と、最近の総務省などの地方交付税の削減方針などは、地方の裁量が増えるようでただの切り捨てとして悪用され、ますます東京と地方との格差が拡大する懸念がある。

 道州制は大分県の平松前知事や関経連などの20年くらい前からの提唱では、東京集中の弊害除去と九州、関西(近畿)といった単位の経済の繁栄に軸足が置かれ、それに関連して国でも首都移転の方針が打ち出された。

 ところが小泉内閣の方針や、大前研一氏の「平成維新」論の中での道州制論では、地方の自立に軸足が置かれ、一方で東京の富を地方へという考えが批判され、大前氏の見解に影響を受けている道州制推進連盟の見解も、都会から地方への再配分としての地方交付税に否定的である。小泉内閣で道州制が浮上してきた背景には、後者の性格が濃厚と考慮できる。

 今、安倍内閣の政策を「中途半端」と揶揄することが多い。小泉路線の継承が期待されたり、その転換を求められたりすることの双方に配慮することの結果といえるが、道州制の方針で財源、権限移譲に関して明確な方針が打ち出せないのは、官僚の抵抗や道州制への国民的合意がまだない点はあるにしろ、新自由主義的な市場原理主義的な道州制か、これに否定的な富の再配分に力点を置くのか、明確に打ち出せないことの影響が考慮できる。

(続く)

« 道州制、市民と有識者の落差 | トップページ | 長崎市伊藤市長の悲劇を悼む、最近の道州制に関する動向と課題4 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/6120677

この記事へのトラックバック一覧です: 日本道州制研究会会報5、最近の道州制に関する動向と課題その3:

» 正蔵 1億2000万円申告漏れ? [正蔵 1億2000万円申告漏れ? ]
人気落語家・林家正蔵(44)が東京国税局の税務調査を受け、2005年までの3年間に約1億2000万円の申告漏れを指摘されていたことが、、、 [続きを読む]

» 移転しました [移転しました]
移転しました [続きを読む]

» リスク・リターンについて [国債が分る!国債投資入門]
期間が長くなればなるほど、収益性つまり、利回りが上がりますが、危険性もそれに応じて上がるのは、当然のことながら、債券も金融商品の一種ですので、まったくおなじです。 [続きを読む]

» 林家正蔵、さすが!! [今日は何あった?]
正蔵“出直し高座”で開口一番「税金はしっかり納めましょう」! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000002-sanspo-ent こういった切り口が、さすが落語家って感じだったね。 先日、東京国税局から約1億2000万円の所得申告漏れを指摘され 釈明会見した落語家、林家正蔵が18日、東京・上野の鈴本演芸場で、会見後初の高...... [続きを読む]

» 国債の種類について [個人向け国債が分る!個人向け国債入門]
割引とついているのは割引価格で販売されているのではなく、利息の支払い方式が割引形式となっているからです。 [続きを読む]

» 国債の基本は10年満期 [国債が分る!国債投資入門]
債券、とりわけ国債の基本を知る上で、その中心となるのは満期が10年のもので、国内マーケットでの発行量も流通量もいちばん多く、いわば国債の中心的な存在です。 [続きを読む]

» ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 [あなたに読んでもらいたい本]
21世紀にまともな給料をもらって、良い生活をしようと思った時に何をしなければならないか。本書はこの「100万ドルの価値がある質問」に初めて真っ正面から答えを示したアメリカの大ベストセラーである大前研一 ... [続きを読む]

» 二木ゴルフはサービス、特典が満載 [二木ゴルフ]
二木ゴルフのサービス、特典情報から 店舗情報、林家正蔵まで 二木ゴルフの情報が満載です [続きを読む]

« 道州制、市民と有識者の落差 | トップページ | 長崎市伊藤市長の悲劇を悼む、最近の道州制に関する動向と課題4 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31