フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 本日の読売テレビニューススクランブル 西日本と東日本の境界を見て 道州制との関連  | トップページ | 分権型道州制を考えるシンポジュームin関西の報告1、全国知事会議開催 »

2007年11月10日 (土)

近づく大阪市長選挙と関西(近畿)の将来像 道州制を視野に入れて

 近づく大阪市長選挙と府知事選挙

 今度の18日は大阪市長選挙。年明けには府知事選挙となる。本来は時期を統一すると争点がより浮き彫りになり、費用の削減につながるのだが、そうなると年末年始の選挙にしなければならず、やむなく現状のようになっているが、市と府の関係は以前のように対立的ではないが、ありかたがむつかしい。

 市と府の機能と適正規模

 これは道州制を視野に入れて対応するか否かで処理が変わるのだが、府の廃止を前提にして、今の大阪市の権限や市域が拡大するのかという問題がある。また逆に大阪市が消えて、東京23区のように区に権限が降り、独自の行政機能を担うのかや、道州制が実施された際には、今の大阪府単位で大阪特別州になるべきか、関西州の中の一員の方がいいのかがある。

 さらに今の大阪府の人口850万人、市の人口260万人を多すぎると考えるのかどうか。神奈川県、横浜市にも抜かれたという側面が経済の活力を低下させているという側面と、防災や混雑によるリスクと、世界陸上でも浮かび上がった、日本一暑い大阪の夏や先に公表された上町断層の直下型地震の被害想定が東京より大きいということも考えると、関西で主張される首都圏のバックアップ機能としての関西の充実には異論は出ないが、そのことで人口規模が大きくなりリスクを背負うことを回避するか、リスクを背負っても東京集中を抑止するか、現状程度の中で方法を模索するのかを選挙後に府と市の協議が必要だろう。

関西(大阪)のマスコミへの要望と日本道州制研究会、大阪をどうするの御案内

 地方の県では県単位のテレビ、新聞が基本的だが、関西広域でテレビエリアが設定され、大阪では大阪日日新聞が最近はローカル地方紙の朝刊になっているが、その購読者は少なく、マスコミ情報で不祥事が起きたり、市長選挙が始まってからでないとその争点は浮上しない。まして豊中や堺の市長の名など大阪市民で知ってる人は皆無に等しい。

 テレビでは各局東京のネットではなく、ABCのムーブとか関西ローカル情報は充実してきたが、番組の作り方が社会部ネタに比重が高く、土曜の早朝枠など利用して、政治と経済ネタで関西広域の話題と、道州制になったとしても各府県単位の話題を関西リレーニュースとして放送してはどうか?また今の全国紙の地方欄も関西広域2ページと、府県単位2Pと、大阪市とか泉州という単位の紙面の計5Pは欲しい。

 さらに7日に開催された「21世紀ジャーナリストフォーラム2007」で、関西大学の黒田勇氏が「せっかち、柄が悪いなど大阪は安易なステレオタイプで描かれている」と問題視していた。

 そのことはあてはまる部分があるが、先日の吉兆の偽装販売やNOVAの破綻や、びっくりラーメンのように無理な急成長による破綻、路上駐車やひったくりの多さなど指摘されてもやむ得ない部分も多い。

 過度な誇張は避けるが関西、大阪を愛するがため、それに居直るような態度は取るべきではない。それこそが東京マスコミの思うツボではないだろうか?14日には関西広域機構による道州制シンポジュームも開催されるが、これらを含めて日本道州制研究会で報告予定なので、ご参加お待ちいたします。

 11月24日(土)午後1時30分から午後4時までJRか地下鉄森ノ宮駅下車西へ500m、大阪府立青少年会館ミーテングルームで「大阪をどうする‐大阪市長選挙と道州制討議を踏まえて‐」というテーマで、日本道州制研究会を開催します。会場℡は06-6942-2441、日本道州制研究会に関する問い合わせは、075-721-7424、代表芝蒸方、またメールでの問い合わせはyamashikachiki@occn.zaq.ne.jp

まで。多数お誘いあわせの上のご参加お待ちしています。

« 本日の読売テレビニューススクランブル 西日本と東日本の境界を見て 道州制との関連  | トップページ | 分権型道州制を考えるシンポジュームin関西の報告1、全国知事会議開催 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/8857253

この記事へのトラックバック一覧です: 近づく大阪市長選挙と関西(近畿)の将来像 道州制を視野に入れて:

» 大阪市長選挙 [徒然えふぇくとーTSUREZURE Effectー]
大阪市長選挙投開票日まで1週間を切りました。大阪市の端っこに住んでると選挙も静かです。仕事で市内中心近くに行くと選挙カーに出くわしたり、演説に出くわしたりする。大阪市に来て初の選挙が市長選挙なので、ぜひとも投票したいと思います。 ところが何も聞こえてこな...... [続きを読む]

« 本日の読売テレビニューススクランブル 西日本と東日本の境界を見て 道州制との関連  | トップページ | 分権型道州制を考えるシンポジュームin関西の報告1、全国知事会議開催 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31