フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« アクセス合計3万5千突破、日本道州制研究会11月例会の報告 | トップページ | 昨日の読売新聞大阪本社版に分権型道州制を考えるシンポジュームの要旨掲載 »

2007年11月30日 (金)

道州制(関西州)をすすめるセミナー 京都で開催されました

 11月25日 道州制をすすめるセミナー 京都市平安会館で開催

 11月25日(日)京都市の御所近くの平安会館で、道州制をすすめるセミナーが開催された。このセミナーは前大阪府議会議員の坂本充先生が代表をつとめる、新生燦都の主催で開催された。

 第一部は同志社大学教授の新川達郎先生の方から、「道州制の見通しと関西」という講演が行われた。地方制度調査会の答申や、関西広域機構の発足など道州制に関連する動きをわかりやすく解説された。

 また質疑応答が行われたので、私の方から道州制については基本的な合意ラインが形成されていないことと、世論の支持がないこと、地方制度調査会の県を分割しての区割りを認めないことの問題を指摘したが、新川教授からは、来年の道州制ビジョン懇談会の答申がおおまかなたたき台になる可能性を指摘された。

 さらに世論の支持がないことについては増税を世論が支持しなければ、議会でOKなら通過させる間接民主的手法ですすめないと動かないかも知れない指摘をされ、地方制度調査会の方針については、伊賀や福井嶺南のように分割して関西が適している地域があり、地方制度調査会の方針は関西に合わないという意見だった。

 ただ双方の県議会がそれを認めない可能性を私が指摘したが、それについては一度どちらかの県に編入とか、住民投票などやむ得ないという流れの必要性を指摘された。

 天皇と京都、東京集中抑制と道州制に向けての流れ

 第二部では坂本代表らから、明治維新の時には京都から東京への遷都は行幸の形であり、明確に遷都で東京という形ではなく、天皇が本来の京都に戻ることは、東京集中の抑止や政治利用を避ける、道州制での関西の地位向上の効果が語られた。

 これについては私からは、今の憲法での国事行為の実施や、京都迎賓館問題でも指摘があった御所に天皇が帰ることになると、警備の困難さや公園機能としての京都御所の役割が損なわれ、今の京都市民には歓迎されないのではと指摘した。

 憲法の改正を九条ではなく天皇の項目を手直しし、天皇の象徴を残すが国事行為について、総選挙後の内閣承認はともかく、昨今のような大臣の辞任の交代まで行うことを止めるか、京都に帰られた後も外国の来賓の多い時期は東京に帰るのも一案かも知れない。

 警備問題の解決と宮内庁、文化庁の関西移転も同時行うことも考慮して、京阪奈学園都市や、向日丘陵などに新皇居を作ることも私は考えたりするが、実際できるか別にして、遷都は既成事実で東京になっているだけで、京都に天皇が居られるのが本来の形と述べることは、東京集中抑止と道州制実施への好材料となることは間違いない。

 坂本代表は10月の日本道州制研究会にも参加されたが、今後も関西での道州制実現のため、交流を深めていきたい。

« アクセス合計3万5千突破、日本道州制研究会11月例会の報告 | トップページ | 昨日の読売新聞大阪本社版に分権型道州制を考えるシンポジュームの要旨掲載 »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/9175909

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制(関西州)をすすめるセミナー 京都で開催されました:

« アクセス合計3万5千突破、日本道州制研究会11月例会の報告 | トップページ | 昨日の読売新聞大阪本社版に分権型道州制を考えるシンポジュームの要旨掲載 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31