フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 分権型道州制を考えるシンポジュームその2パネルデイスカッションから① | トップページ | 分権型道州制を考えるシンポジュームin関西その4、パネルデイスカッション③兵庫県井戸敏三知事の意見への反論を中心にして »

2007年11月16日 (金)

分権型道州制を考えるシンポジュームin関西その3パネルデイスカッションその②、兵庫県井戸敏三知事の発言から

 道州制の問題点を指摘 兵庫県の井戸敏三知事の発言と資料から

 昨年の地方制度調査会の道州制答申の後の、都道府県知事アンケートで唯一、道州制に賛意を示さなかった知事とされた井戸知事の発言と、資料に提示されたことは非常に貴重な問題点の指摘であった。

 たとえば本当に国に形が変えられるのかという疑問。兵庫県でも市町村合併が良かったという意見は少なく、日本では小を大に変えることはあまり成功していない。あるいは道州制の必要や課題について十分な検討なしに、道州制ありきで議論を進めることに賛同できないことや、住民にメリットがあるのか課題を整理すべきという意見。

 あるいは北海道での道州制先行実施でも、北海道の要望した権限移譲がほとんど行われていない。これでは道州制の導入は単なる一律の府県合併か国の出先機関の統合に終わる危惧を述べている。

 また税財源移譲が確保されるのかや、既存の県を市庁にすると地方自治が三層制になる、住民自治が範囲が広範になることで住民自治が確保されるのか。道州制議会と国会議員の選出に整合がとれるのかや、国会の機能見直しができるかや、憲法上の位置づけがなされるのか、ヨーロッパの連邦制と異なり国家像が明確ではないという理由である。

 但し井戸知事は小さな県が自主的に合併することや、広域連合、広域行政には反対ではないし、後日また示すがこれらの条件が全てクリアできれば道州制に絶対反対ではないことも述べていた。

 わかりやすい例を示すと、知事の人数が減ることで今まで47人が中央に異議を唱えていたのが、道州制で10人では地方からの異議の申し立ては今よりも弱いかも知れず、さりとて知事の権限が強大になり範囲が広範になれば、住民のリコールなど難しくなるかも知れない。国に都合よく、住民には遠い存在では、道州制は絵に描いた餅に等しく、他のパネラーの意見を提示しながら、井戸知事の示した問題点を考えたい。

« 分権型道州制を考えるシンポジュームその2パネルデイスカッションから① | トップページ | 分権型道州制を考えるシンポジュームin関西その4、パネルデイスカッション③兵庫県井戸敏三知事の意見への反論を中心にして »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/8953984

この記事へのトラックバック一覧です: 分権型道州制を考えるシンポジュームin関西その3パネルデイスカッションその②、兵庫県井戸敏三知事の発言から:

« 分権型道州制を考えるシンポジュームその2パネルデイスカッションから① | トップページ | 分権型道州制を考えるシンポジュームin関西その4、パネルデイスカッション③兵庫県井戸敏三知事の意見への反論を中心にして »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31