フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 大阪をどうする 道州制との関連 大阪特別州案 江口克彦「地域主権型道州制」の案 | トップページ | 道州制(関西州)をすすめるセミナー 京都で開催されました »

2007年11月28日 (水)

アクセス合計3万5千突破、日本道州制研究会11月例会の報告

 アクセス合計3万5千突破です

 アクセス合計が3万5千突破しました。アクセス上位に新潟をどうするがランクされるなど、区割り困難県や、日本地方自治研究学会の報告が上位に来ていますが、アクセスしている所に大学、官公庁が多く、最近は道州制という用語で、このブログがヤフー、グーグル共に上位30以内にランクされることも多くなっています。今後もよろしくお願いいたします。

 11月24日(土)日本道州制研究会「大阪をどうする」の報告

 まず最初に先の市長選挙結果分析による討論と、次いで関西広域機構主催の道州制シンポジュームの報告。それにもとづいて江口克彦氏の「地域主権型道州制」について討議した。

 選挙についてはバブル破綻の兆しが出ていた、95年の市長選挙が30%を切る低い投票率であったことが、問題解決を遅らせたのではないかという指摘や、今後の府知事選挙についての影響を意見交換した。

 さらに大阪市の道州制への対応について、大阪市の拡大や市を東京23区制度のように、市が無くなり区に市の機能が移行する、大阪市をいくつかに分けるなどいくつかのパターンがあるにしろ、京阪神が大阪を通過しないと交通が不便なことと、大阪だけの突出がいいのかや、関西が一体化してこそ東京集中への歯止めになることから、江口氏の道州制での大阪特別州構想には批判的な見解で一致した。また私からは神奈川に人口が抜かれたことがあっても、防災や日本一暑い夏という大阪のマイナス面に拍車をかけないために、大阪へ人口が現状以上に集まることを避け、関西(近畿)の全体的向上を図るべきことを述べた。

 なお日本道州制研究会は12月、来年1月は休会であるが、役員で1月に会合を持ち、来年の活動方針を定める予定である。

« 大阪をどうする 道州制との関連 大阪特別州案 江口克彦「地域主権型道州制」の案 | トップページ | 道州制(関西州)をすすめるセミナー 京都で開催されました »

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/9145398

この記事へのトラックバック一覧です: アクセス合計3万5千突破、日本道州制研究会11月例会の報告:

« 大阪をどうする 道州制との関連 大阪特別州案 江口克彦「地域主権型道州制」の案 | トップページ | 道州制(関西州)をすすめるセミナー 京都で開催されました »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31