フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 言語同断、血も涙もない卑劣なやり方橋下徹府知事の方針に怒り、市町村との約束も裏切る姿勢に怒り心頭 | トップページ | 道州制に向けての具体的提言相次ぐ、自由民主党道州制推進本部の中間報告など »

2008年5月28日 (水)

大阪らしさと大阪の憂鬱、道州制議論に応用を

 大阪らしさの功罪を問いかける  いらちからの脱却を

 今、大阪府議会は暴挙のプロジェクトチームと橋下徹府知事の改革ならぬ改悪案に対して、議会が疑問の声を唱えはじめた。橋下徹府知事は先頃、入館者が累計100万人を超えた大阪府立弥生文化博物館が今年になりテレビで施設が紹介され入館者が増加していることを無視し、相撲の後援者が大阪の地名である谷町(タニマチ)と呼ばれることを無視し、目先の売却益に目が眩んでいる。

 どうも橋下徹知事も知事を応援したがる府民も、最近のステレオタイプな大阪論に陥っている気がしてならない。

 たとえば「いらち」という言葉がある。せかせかしているとでもいうニュアンスだが、本来の大阪人にははんなりや、ぼちぼちのような熟慮や落ち着きを表す言葉があった。知事を見ていて、長いサイクルで府政をまったく見ていない。

 もちろん検討すると答えて何もしないのはダメだが、よく指摘される府民のモラルが低いということや、知事が検証が不充分なまま、やたら弁護士の経験もあるのだろうが売却や削減だけ打ち出して、それで持続的な行政ができるのか疑問である。

 以前、阪神の監督をされた楽天の野村監督が阪神が弱かった原因として、ファンが結果を急ぐあまり、体系的な強化ができないことを指摘している。橋下徹府知事やそれを支持したがる府民を見ていると、あまりにも結果を急ぎすぎている。

 5兆円の赤字は大変だが、大阪府の予算の1年半分くらいである。だが国の借金は国の年間予算の10年分近く、大阪の財政がよくないのは東京に本社機能が移転が相次いだことがある。零細企業の賃金は府庁の職員より相当安いとはいえ、財界や政府が東京集中を抑止せず、小泉時代にはそれを加速させたことの責任を問うべきである。

 公務員給与については道州制施行で、国と地方の関係見直しで変えるとして、あまりにも常識外れの手当は廃止するとしても、幹部でない職員の給料を下げるのが好ましいのだろうか。府の職員の給与を下げたいなら、熊本の樺島知事のように県民の平均月収まで自分の給与を下げ、より問題の多い国の官僚の給与削減を迫り、東京に本社移転した企業の法人税をよこせ運動をすべきではないか。

 1100億円削減「俺はがんばっている」のような意識ではなく、いろんなことを精査して、道州制に向けてねばり強い政策実現と府民も結果をあせらないことを求めたい。

 こてこてでない大阪イメージも

 大阪百科ニュースというサイトのように、やたら粉物や通天閣のようなこてこてイメージの大阪を忌避したがる意見が多いのも、安い、庶民的という大阪の暮らしやすさを象徴している以上否定すべきではないが、ワッハ上方を残すことで大阪や関西のはんなりとした古典芸能を学ぶ機会を増やし、大阪府立体育館を残すことで関西州の中で大相撲を開催している場所を確保し、大阪の都市格を保ち関西州の道州制でのステータスを保つ。

 さらに弥生文化博物館を残すことで、稲作の伝来や金属器の使用を検討する国際的な研究拠点にして、東アジアへの門戸である関西空港の活性化を促していく。ちょうど成田空港の近くの佐倉に国立歴史民俗博物館があったり、福岡空港の近くに九州国立博物館があることと対比して考えるといい。

 外人観光客に日本国の歴史を学んでいただく場を、道州制の地域ブロックごとで設けていく。橋下徹府知事やプロジェクトチームがそういう視点がなく、弥生文化博物館を残すことで上記のような効果を生み出しながら、こてこてだけでない大阪文化のアピールの機会にすべきだろう。

 またこてこてイメージの払拭として、大阪出身だが絢香さんや谷村奈南さんとか若い実力派シンガーにゲスト参加していただいて、11月の関西文化の日の日程で関西の若手ポップスグランプリを開催したり、お笑いだけでない大阪を売り出すべきである。当然、東京マラソンと異なる形で大阪市内がコースになるフルマラソンも開催すべきだが、スポーツを含め多様な文化を育成し、道州制を見据えてライトアップすればそれが文化だという発想から脱却してほしいものである。

« 言語同断、血も涙もない卑劣なやり方橋下徹府知事の方針に怒り、市町村との約束も裏切る姿勢に怒り心頭 | トップページ | 道州制に向けての具体的提言相次ぐ、自由民主党道州制推進本部の中間報告など »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/21226758

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪らしさと大阪の憂鬱、道州制議論に応用を:

» 借金の悩みを抱えている方、自分一人で悩みを抱えないで司法書士に相談しませんか? [借金返済の悩み解決.com]
借金問題を法律家と経営コンサルタントの知識を使い解決する方法をインターネットで初公開します。 [続きを読む]

» 福田萌 『ドラマ』ごくせんにメイド役で登場!撮影中のコスプレ『パンチラ』ハプニング動画!「ラジかるッ」お天気キャスター [福田萌 『ドラマ』ごくせんにメイド役で登場!撮影中のコスプレ『パンチラ』ハプニング動画!「ラジかるッ」お天気キャスター]
ヒットドラマ「ごくせん」に起用したのは日本テレビの加藤正俊プロデューサー。「“ラジかるッ”を見ていて可愛くて面白い子だなあと思っていたところ、台本でメイドが登場。この子しかいないと思った」と説明。31日放送の第7話で、生徒たちが秋葉原のメイドカフェを訪れた場面で登場。ミニスカのコスプレ姿は見せ場で「お帰りなさいませ、ご主人様ッ!」など“萌え系”のセリフもたっぷりある。... [続きを読む]

« 言語同断、血も涙もない卑劣なやり方橋下徹府知事の方針に怒り、市町村との約束も裏切る姿勢に怒り心頭 | トップページ | 道州制に向けての具体的提言相次ぐ、自由民主党道州制推進本部の中間報告など »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31