フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 相次ぐ不祥事と橋下徹府政賛美の軽率さ大阪人よ目を覚ませ | トップページ | 国立教育政策研究所調査で、都道府県の知名度調査、歴史上の人物の知名度、道州制との対応。文化経済学会主催のシンポジュームに参加して »

2008年6月27日 (金)

橋下徹大阪府知事とプロジェクトチームへの公開質問状その7

 公開質問状その7 大阪マラソン問題について

 先日、知事の方から(仮称)大阪マラソン構想が公表され、数日後に府警の反対で実現の困難さも表明されていた。しかし大阪の都市格やスポーツ産業が大阪に多く、それを関東、東京に逃がさないためと、別途郵送の山鹿ニュースの6月14日号(http://blogs.yahoo.co.jp/zenikinnyama/53905473.html)

にあるように、大規模マラソン開催による経済効果は大きなものがある。普段はいいか悪いかはともかく、自分の意思を貫く知事が府の利益に適うにもかかわらず、意思を貫かないのはおかしいのではないか。

 府内部の検討だけではなく、公募を含めた委員会を立ち上げることを提案し、2011年の実現を目指すことを提案し、道州制を踏まえて関西のマラソン大会スタンプラリーや、府の施設の大会前後の割引入場などを提案するが、これについての回答を求める。なおこの大阪マラソンについては随時、提案の予定なので、東京マラソンのみならず、青島太平洋マラソンなど国内主要大会も参考にされ、知事の方針には批判すべき部分は多いが、この方針だけは賛意を示すことを併せて表明する。

 日頃の発言について

 就任直後のNHKへの出演拒否問題や、知事の方針に従わないなら職を変えてはという発言だが、個人としての気持ちはともかく公人なら、公共放送への出演拒否を取り下げ、広報に役立てる気持ちはないか回答を求める。

 さらに職を変えろという発言にしても、知事が後から乗り込んできたのであるから、産経新聞と朝日新聞のたとえで職業選択を語るのは矛盾である。不満はあるがパワーハラスメントである以上、発言を取り消す意思がないか回答を求める。

 公開質問状を6月28日(土)に配達証明で知事とプロジェクトチームへ郵送する。多忙なことを配慮し、一定猶予を与え7月30日までに回答を求めるが、回答が到着しない場合、その旨告知することを宣告する。なお大阪府の財政状況に配慮し、切手をあらかじめ郵送する。

 山中 鹿次

 

« 相次ぐ不祥事と橋下徹府政賛美の軽率さ大阪人よ目を覚ませ | トップページ | 国立教育政策研究所調査で、都道府県の知名度調査、歴史上の人物の知名度、道州制との対応。文化経済学会主催のシンポジュームに参加して »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/21922129

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹大阪府知事とプロジェクトチームへの公開質問状その7:

« 相次ぐ不祥事と橋下徹府政賛美の軽率さ大阪人よ目を覚ませ | トップページ | 国立教育政策研究所調査で、都道府県の知名度調査、歴史上の人物の知名度、道州制との対応。文化経済学会主催のシンポジュームに参加して »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31