フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 橋下徹大阪府知事とプロジェクトチームへの公開質問状その3 | トップページ | 道州制消極論への反論 »

2008年6月17日 (火)

アキバ殺人事件の教訓と東京集中主義の破綻と、大阪府立ドーンセンターでの神野直彦先生の講演に思う、改めて橋下徹大阪府知事の方針への疑問

 アキバ殺人事件に思う 勝ち負け二分法社会と東京ヒエラルキーの課題

 このブログでは紹介が遅れたが、アキバ殺人事件について山鹿ニュースで取り上げているので、ご覧ください。

 http://blogs.yahoo.co.jp/zenikinnyama/53917723.html

http://blogs.yahoo.co.jp/zenikinnyama/53890388.html

 この事件については、容疑者の本来的な性格もあるが、今の格差社会の構造的な部分も大きいだろう。また今の東京集中と都道府県制度の歪みもあるだろう。東京のアキバ若者文化への憧れと妬みの両面と、県で最有力の進学校なら人生は順風満帆なはずが、青森県のように全国でいつも有効求人倍率の最下位争いをしている地元の状況や、世間の目が地元の名門進学校卒でこういう仕事をしているのかなど、いろんな考えが交錯したと思う。

 一時期、宮城県で働いていたそうだが、自宅と離れているが遠くない宮城あたりで正社員になっていれば、今回の事態は避けられたのではないか。東京本社での高賃金を支えるために、グローバル化に名を借りて多くの会社が派遣での不安定雇用を繰り返している。殺人は行けないが東京ヒエラルキーを道州制で崩さない以上、今回のような事件は繰り返されるのではないだろうか。

  大阪府立ドーンセンターでの神野直彦先生の講演から

 今日は橋下改革(改悪)の中で廃止が取り沙汰されたドーンセンターで開催された、東大教授で中公新書の「地域再生の経済学」の著者、神野直彦先生の「地方財政問題と男女共同参画を考える」という講演を聴いてきた。

 著書の内容にも見られるネオリベ路線の問題点や、橋下徹府知事の削減一辺倒では負の連鎖の懸念が多いことを指摘している。地方政府の役割として何が必要なサービスを考え、経済活性化対策も後回しになっている。

 取り立てる側の論理でモノを考え、利払いを少なくする工夫などのなさを指摘された。また所謂大きな政府か小さな政府かの二分法を叫ぶ小泉内閣やネオリベ国家のアメリカは、大きな政府にはなっていない。

 ヨーロッパでは連邦制や道州制が採用されているが、公が官ではなく、神野先生の述べる全ての社会の構成員と考えれば、ある程度の高負担だが大切なサービスを守る発想も大切だと痛感した。

 ドーンセンターの事業の中でDV被害者相談など年々増えている。利用者のニーズが高まっている施設や財団、事業を財政再建で安直につぶそうとする発想の前に、それが暴力や格差社会の肥大化など治安の悪化など、より高い費用を支払うことを知事は認識すべきだと感じた。

 道州制についての私からの神野先生への質問

 この日、知事が熱心な道州制に異議を唱える集会の、府職労の関係者のチラシをいただいたが、それを切り口にして、神野先生が大阪市の審議委員をしていることを踏まえて、橋下知事のように公共性を安直に切り捨てていくのなら、それを切り口にして逆に道州制にすることで、府を解体させて知事の立場を失わせ大阪市が府を吸収して、男女参画なら相談は基礎自治体と今の府民以外の利用を踏まえて、基礎自治体と道州制での運営がいいのではないかと質問をした。

 これに対して神野先生からは今の道州制については、国民の関心事項の30位以内に入らないように、国民の関心がないことと府知事が府の解体を叫ぶ不思議さの一方で、市町村には金を与えようとしない矛盾を指摘され、道州制を叫びながらそれでどういう風にしたいのかとの展望がない不思議さを語られていた。

 先日は近畿(関西)の知事が道州制に尻込みしていることが報じられていたが、府の職員の方から道州制に批判的な動きがあるのも問題である。先日から国の北海道開発局の不正や霞ヶ関のタクシー利用のキックバック問題が報じられていたが、道州制はこういう問題の解消策として不可欠である。

 知事の考えでは道州制が府の財政再建のためにあるとしか思えず、周辺の知事や職員の理解が得られない。公共の役割など意見が異なる神野先生や、基礎自治体と道州制に編成するにあたり、大阪市など基礎自治体との話し合いを増やすことを求めたい。

« 橋下徹大阪府知事とプロジェクトチームへの公開質問状その3 | トップページ | 道州制消極論への反論 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/21701605

この記事へのトラックバック一覧です: アキバ殺人事件の教訓と東京集中主義の破綻と、大阪府立ドーンセンターでの神野直彦先生の講演に思う、改めて橋下徹大阪府知事の方針への疑問:

» 転職してはいけない業界とは? [転職活動で心が折れそうになった時に]
現在の有効求人倍率でしたっけ?企業や会社が求める求人の数と職を希望する人の数の差が一昔より改善されてきているとニュースで聞いた記憶があります。最新の情報や状況はあまり調べてませんので知りませんが…。現在、契約社員や派遣社員の数は増えてきているはずです。■職探しする前に知っておくべき大切なこと正社員は賞与や将来の収入の見込みがある程度保証されています。今現在正社員で働いている人はむやみに退職してしまわ...... [続きを読む]

« 橋下徹大阪府知事とプロジェクトチームへの公開質問状その3 | トップページ | 道州制消極論への反論 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31