フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 2016年東京五輪候補の最上位に、近畿ブロック知事会議を終えて | トップページ | 橋下徹大阪府知事とプロジェクトチームへの公開質問状その2 »

2008年6月 8日 (日)

本日テレビ朝日系「サンデープロジェクト」大阪府知事橋下徹府知事らが出演、道州制や地方分権も話題に

 本日のサンデープロジェクト、橋下徹大阪府知事、丹羽宇一郎地方分権推進委員会委員長らが出演、道州制や地方分権について語る

 今日のテレビ朝日系の「サンデープロジェクト」には、冒頭から橋下徹大阪府知事が出演し、先に公表された大阪維新プログラムについて田原総一朗氏らから質問を浴びていた。警察官の削減が撤回されたことについて大阪の治安の悪さから見送ったことが、橋下徹知事から語られていたが、長年大阪に住んでいてそれは充分認識できているはずである。やれもしないことをお題目だけ語るのはある意味はったりと呼ばれても仕方ないのではないか。

 またプロジェクトチームと部局の論議が公表されたと評価する声もあったが、プロジェクトチームがどのような人選で編成されたのか不透明である以上、やらないよりはマシなだけである。

 さらに橋下徹府知事が道州制の必要性を語っていたが、選挙の対立候補だった熊谷貞敏氏はかなり詳細な道州制の具体像を持っていたし、今月の『地域開発』4月号に佐賀県の古川庚知事は道州制についての、詳細な論文を書いている。

 大阪府の解体を叫んでいたが、都道府県の合併で道州制にするのか、府が解体すれば大阪市が周辺自治体を飲み込む形にするのか、大阪府単位で単独州なのか、関西の二府四県か徳島や福井を含むのか、現状で自分が考慮している道州制について、いくらかのイメージを語るべきである。

 橋下徹府知事は「私は弁護士あがり」といいたいのかも知れないが、議員はたくさんいるのでそういう人も必要だが、首長である以上「それを推進する」と語るのなら、もう少し勉強を積むべきだろう。

 また府が基礎自治体のような発言をして、丹羽宇一郎氏にたしなめられるシーンがあったが、その程度の知識で道州制を語るのは「10年早い」と言われても仕方ない。そして本当に道州制を関西で実現したいのなら、関西広域機構の方針で安直に博物館を廃止するような、関西連携の足を引っ張る発想は改めるべきだろう。

 太田経済担当大臣、丹羽地方分権改革推進委員長が地方分権の必要性力説

 引き続き太田経済担当大臣、丹羽地方分権改革推進委員長から、地方の支部局にたくさんの国の役人がいることがわかりやすく語られていた。地方で国の役人の3分の2が勤務していて、その活動を地方に移管させれば大きな行革になり、それを行うためにも道州制が必要である。

 橋下徹府知事も「道州制を一秒でも早く」というのなら、人に道州制について説明できる知識を持つべきではないだろうか。

« 2016年東京五輪候補の最上位に、近畿ブロック知事会議を終えて | トップページ | 橋下徹大阪府知事とプロジェクトチームへの公開質問状その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/21498662

この記事へのトラックバック一覧です: 本日テレビ朝日系「サンデープロジェクト」大阪府知事橋下徹府知事らが出演、道州制や地方分権も話題に:

« 2016年東京五輪候補の最上位に、近畿ブロック知事会議を終えて | トップページ | 橋下徹大阪府知事とプロジェクトチームへの公開質問状その2 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31