フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 道州制を視野に入れて政令指定都市に関する新たな動き、大阪府広域自治制度研究会に参加して、大阪府立弥生文化博物館余話 | トップページ | 道州制実施に向けて、大阪市、府に権限委譲要求、県へのこだわりと道州制問題 »

2008年7月 4日 (金)

大阪府改革プロジェクトチームからの非礼の返書到着、道州制を本気で考えているのか疑問

 本日 非礼の返書が改革プロジェクトチームから到着 以下に文章を提示

 企画第1285号

平成20年7月2日      山中鹿次様

大阪府 改革プロジェクトチーム 重点政策プロジェクトチーム

「大阪維新」プログラム(案)に対する提言の取り扱いについて

この度は、標記プログラム(案)に対するご意見、ご提言を募集したところ、早速、ご提言をお送りいただきありがとうございます。

 ご提出いただきましたご提言については、今回のパブリックコメントの募集内容に記載しておりますとおり、その概要と、それに対する大阪府の考え方について、ホームページ等により一定期間公表することにしております。

 そのため、提出された方に、個別に連絡させていただくことはしておりませんのでご理解を賜りますようにお願いいたします。

 つきましては、同封いただきました返信用の切手(450円分)を失礼ながら、ご返送させていただきます。

 誠意に欠けるプロジェクトチームと知事の対応

 今は情報公開が求められる以上に、説明責任も求められる。私の場合、ブログで質問内容を広く公開し、道州制についての提言のように日本道州制研究会からの提言も含まれ、個人レベルの要望に止まるものではない。

 またその概要と大阪府の考えをホームページで公開では、しぶしぶ知事とPTのやり口で不当な選択をしていて、部局の言い分が正しいが拒否されたとか、個別事項がうやむやにされる。

 都合のいい情報だけ公開では、まるでナチスや大本営のやり口である。知事からの反応がないが、再度、PTには質問を追加の上、参考資料を添付、切手を郵送の上、殺される覚悟で府民のため、正論をぶつける所存である。再度回答を求めることとする。

 道州制を果たして本気で考えているのか?

知事からも、PTからも道州制についてのコメントすら寄こそうとしない。知事は「道州制を一秒でも早く」といいながら、私を含めイメージすら提示できないのでは、意欲も能力も疑問視するしかない。

 自民党の道州制推進本部から、以前公表の区割り案の答申の方向が打ち出されたが、せめてこれについてどう考えるかくらい答えることが出来ないか、行方を見守りながら諫言していく所存である。

« 道州制を視野に入れて政令指定都市に関する新たな動き、大阪府広域自治制度研究会に参加して、大阪府立弥生文化博物館余話 | トップページ | 道州制実施に向けて、大阪市、府に権限委譲要求、県へのこだわりと道州制問題 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

個人レベルにとどまらない公開質問状なら、正式な陳情や請願として出せばいいと思います。府議会議員の方に連絡して行えるはずです。個人名ではなく日本道州制研究会として行ってもいいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/22076250

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府改革プロジェクトチームからの非礼の返書到着、道州制を本気で考えているのか疑問:

« 道州制を視野に入れて政令指定都市に関する新たな動き、大阪府広域自治制度研究会に参加して、大阪府立弥生文化博物館余話 | トップページ | 道州制実施に向けて、大阪市、府に権限委譲要求、県へのこだわりと道州制問題 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31