フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 北京五輪開幕、歴史の重要さと道州制問題 | トップページ | 大都市制度の検討と淀川水系の連携、道州制を視野に入れて »

2008年8月17日 (日)

本日の毎日新聞掲載の知事アンケート、道州制賛成の知事は6割、反対は3人。関西で開催の道州制に関するセミナー二つの御案内

 本日の毎日新聞から 全国知事調査 道州制への賛成6割 反対3人

 今日の毎日新聞に掲載の全国知事調査では、道州制賛成と国の出先機関の見直しは約6割に達した。だが橋下徹府知事が関西での道州制実現を早くと述べる一方で、福井、兵庫、奈良の三知事が反対を唱えた。

 福井は区割りの困難さと経済活動がほぼ県の範囲でおさまること、兵庫と奈良は都市部と郡部の格差が激しく、道州制はそれに拍車をかける懸念など、周辺との調整をせず拙速すぎる、橋下徹府知事の方針が道州制への賛意を示さない要因になっていることも考慮できる。

 また奈良については2010年の平城遷都1300年を目前に控え、奈良大和路のブランド価値を消滅させる危惧も働いているかも知れない。

 さらに国の出先統合に沖縄だけは慎重にという方針を示した。これは見直しにより財源が絶たれる懸念や、出先が沖縄から無くなり、九州にいちいち出向く懸念があるかも知れない。権限を渡したら後は自助努力ではなく、経済力の弱い地域への配慮や、出張は沖縄から福岡や東京に出かけるばかりではなく、相互に行うか支所を残すなどの対応で、沖縄などが国の出先統合に同意できる配慮を行うべきだろう。

 道州制についての二つのセミナー開催

 この秋、関西で二つ道州制についてのセミナーが開催される。まず9月14日に午前10時から12時まで、大阪狭山市の狭山1丁目875-1にあるさやかホールで、新生燦都主催で第4回道州制勉強会、テーマは「道州議会はどうなるのか、どういう議会にしていくのか」。太田悦子さんの司会で、新生燦都の問題提起で、助言者として大阪府地域主権推進グループの中谷文彦氏と、私、山中鹿次が参加し、皆様と活発に意見交換を予定しています。

 なお討論終了後はめぐまりこさんの「笑いと健康」トーキングが開催されます。申し込みと問い合わせは極力8月末までに〒589-0023大阪狭山市大野台2-30-15坂本充さんまで(電話、FAX072-365-0123。電話、FAXでの申し込み可です)。定員60人となっています。

 また10月12日には関西道州制推進連盟主催で、奈良県経済倶楽部経済会館5F大会議室(近鉄奈良駅側東向き商店街入り口)で、関西道州制推進連盟の主催で、道州制ビジョン懇談会座長の江口克彦氏の「道州制」講演会が午後2時から4時30分まで開催されます。

 なお3時30分頃まで講演、以後は質疑応答となっています。申し込みは9月末までに〒630-8256奈良市奥芝町3-2の高松義直さん宛てに、「道州制」講演会参加希望、参加人数と住所、氏名、電話番号など明記してハガキで申し込んでください。

 また問い合わせは電話、FAX0742-27-3339、高松義直さん宛て。メールは

info@kansaishu.net  となっています。定員は約40人となっていますが、二つの道州制についてのセミナーにふるっての御参加お待ちいたします。

 

« 北京五輪開幕、歴史の重要さと道州制問題 | トップページ | 大都市制度の検討と淀川水系の連携、道州制を視野に入れて »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

これですね。都市部と郡部の格差が広がる恐れが確かにありますが、それを理由にされるとちょっと…。道州制で都市部と郡部の格差を解決という論理も導くことも可能なので。現状で格差を解消できなければ話にならないようにも思います。

解決すべきは格差なので、道州制であろうと現状であろうと解決されなければならない問題だと思いますね。


全国知事アンケート:国の出先「見直し」6割 道路財源使途「一般化後も道路」過半数
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080817ddm002010093000c.html

たとえば関西学院大学の林先生は、東京集中が止まり、大阪、福岡などが今より伸びれば、その富は関西、九州全体にそこから配分すればいいという意見です。
 私もそれが当然だと思いますが、大阪や中国地方で州都を争う広島と岡山に周辺の過疎県に配慮の気配が見えてこない。
 道州制を受け入れる代わり消極的な現行の県が、条件闘争も必要だと思います。

道州制導入自体には大反対ですね。
市町村合併の被害を受けていない大都市
の方にはわかりませんが、吸収された側の
住民は以前にもまして不利益をこうむっていますよ。関西など道州制が導入されれば、ほかの都道府県は大阪の植民地にされるのは橋本知事が躍起になっているのを見れば一目瞭然ですし。
自民党や推進団体であるPHPさんなどは
国民置き去りで導入に向けて勝手に話を
進めていますが、各新聞などのアンケートでは反対派の国民の方が大多数なのにそれを無視してもいいのでしょうか?
国民が望んでもいないことを、自分たちの信念だからと強引に導入してしまうことが本当に民主主義国家のやることなのでしょうか。
道州制はただの弱者切り捨てにすぎませんよ。

あなたの反対理由はわかります。大前研一や道州制推進連盟などそういう部分への配慮がない。だが本来の道州制は大分の平松前知事らの東京集中を是正し、過疎を克服するべきものなんです。
 私のブログを全て見てください。私はあなたの反対理由に配慮した道州制を述べていて、橋下知事の述べているような大阪の自己都合的な道州制には大反対しているし、九州のような過疎地が多い場所での道州制議論なども、きちんと勉強してください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/23044938

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の毎日新聞掲載の知事アンケート、道州制賛成の知事は6割、反対は3人。関西で開催の道州制に関するセミナー二つの御案内:

« 北京五輪開幕、歴史の重要さと道州制問題 | トップページ | 大都市制度の検討と淀川水系の連携、道州制を視野に入れて »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31