フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 昨日の新生燦都の道州制勉強会の報告 | トップページ | 道州制での関西州の州都問題への提言、様々な選択肢を交えた議論を、橋下徹府知事の拙速さを憂う »

2008年9月21日 (日)

教育委員会批判に思う、橋下徹府知事の拙速さを憂う

 クソ教育委員会発言、教育委員再任拒否、近視眼的な橋下徹府知事の姿勢の疑問 道州制での関西州を語る矛盾

 くそ教育委員会発言は平松大阪市長らに諭され、撤回したようだが「教育ビジョン」がないなどいうことで、それまでの教育委員の再任を否定した。これに対して日本と中国でシンクロのコーチを務めた井村雅代さんと、毎日新聞大阪本社元代表の木戸湊(あつむ)さんのお二人の委員が退任前に記者会見を開いた。

 驚いたのは木戸さんが再任を結構ですと伝えていたのに、ビジョンがないから再任しないという発言。木戸さんは毎日放送のラジオ番組でレギュラーやゲスト出演されていることが多く、非常に冷静で暖かみのあるコメントに敬服している人物である。

 また毎日新聞は教育問題の報道、分析には定評があり、これを引き留めるくらいが当然なのに、『ビジョンがないから再任しない』というのは、嘘であるし失礼な話である。

 また井村さんは前は日本のコーチ、その後は中国チームの指導をしていたが会議があれば帰国して出席されていたそうである。多忙な中時間を割いていただき、若い人に指導経験を海外を含めて実績を上げて来た人に対して、ビジョンがないとはあまりにも品格のない発言である。

 学力調査の結果が悪いのは教育委員会のせいか?

 学力調査45位と言うが、大阪以下は沖縄と高知である。この3府県に共通するのは暑い時期が長く、貧困率が高いことである。45位というとひどく聞こえるが平均点より10%少々見劣りするくらいだが、学校に冷房がない条件ではこの3府県は非常に不利である。

 また失業や貧困率が高い現状では、45位ではなくこのくらいの得点差におさまっていることは、教育委員会の怠慢では決してないだろう。

 ビジョンがないのは橋下徹府知事、あなただ!

 校庭の芝生化を公約にしたが結局できず、財政難だからと35人学級の撤回など、お題目で教育日本一を叫びながら政策は眞逆。高校の学区を無くせば東大、京大に300人の合格者が出る高校が作れるという発言にどんな裏付けがあるのだろう。

 安藤忠雄さんのように学歴に無関係の方や、テレビで知事と同席する機会が多かった宮崎哲弥さんや、横浜の中田市長のように高校までは落ちこぼれだった人物がいること。また知事が嫌いな中央集権を主導しているのは、東大卒の官僚である。その東大に300人という発想は道州制や中央集権打破に逆行している。

 道州制のモデルとすべきドイツは文部省もないし、今年も全国学力テストに参加しなかった愛知県犬山市は、前の石田市長が道州制の熱心な論者でもある。

 道州制での関西州を叫ぶのなら、むしろ文部省の学力テストを批判し、成績開示をするしないくらいで、予算をやらないのような態度は改めるべきである。人道に反する、法律に触れること以外は自分の意に添わないからと予算を人質に取る態度では、関西州の推進を考えると疑心暗鬼を招くだけである。

 疑い、脅すことで表面的に人が恭順するだけで、それで結果オーライという姿勢で、いつまでも人がついてくると考えるのなら知事としての資格などない。今のような姿勢を続けていくのであれば、道州制での関西州実現には橋下徹府知事が身を引くことが、道州制に他府県の知事がむしろ賛意を示す条件なのではないか?

 府庁舎移転、伊丹廃港問題を含めて冷静な判断を求めたい。

« 昨日の新生燦都の道州制勉強会の報告 | トップページ | 道州制での関西州の州都問題への提言、様々な選択肢を交えた議論を、橋下徹府知事の拙速さを憂う »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

昨今の問題だと毎日新聞だからいいというのはあまりしない方がいいように思いますけど。色々な人が委員人にいていいと思いますしいるべきだと思いますけど、普通の人というのは選ばないんでしょうか。識者に限るというのもあまり好ましくないように思います。勿論、色々な経験の識者の方がいると思いますが。

あとクーラーですが、沖縄などではあるようです。学力は大学進学率、高校進学率に関連しているように思います。進学しなくても職に就けるというのが良いのか悪いののかあると思いますが…教育委員会はそこら辺は考えてるのかと言えばあまり力を入れてないようにも感じます。中卒、高卒の就職であるとか。労働問題でもあるのでその辺のアプローチは教育委員会に求められているでしょうね。

木戸さんや井村さんが教育に熱心でない方とは思いませんが、実行力には乏しかったです。
失礼ですが現場を知らない人の記事です。ほんと仕事してなかったですよ彼ら。上の人は知りませんが少なくとも末端は。

橋下さんが問題提起してくれたおかげでうちの学校のPTAも参加率大幅に増えました。
父兄が最近うるさく言ってるせいか、橋下氏に仕事してないと言われたのが悔しかったのかはわかりませんが、委員会が学校に直接口を出してくる機会が4月くらいからありえないくらい増えました。
いい傾向だと父兄のみなさんは言ってます。

夜の見回りなど増やし中学生の犯罪率ワーストなどの不名誉返上したいです。
夜スペもやってくれるなら積極参加したい。

まとめレスで。普通の人は漠然として委員に選べないでしょうね。モニターでも作文を出させるように、そういうことを試行錯誤すべきでしょうが。
 委員会が学校に口を出すのもほどほどだと思います。それは教育委員会は生徒を掌握していないから。木戸さん、井村さんは教育行政の人間ではないので、実行力に乏しいというより過度に介入しないので当然。学校が上ばかり気にしていいことは少ないです
 そもそも橋下が問題提起したからPTAの参加が増えることが、親の自覚が足らない。私を批判する以前に、橋下が知事にならなくても、教育行政に関心を持ちなさい

それと教育委員会がハッパかけ急に成績があがるとすれば、学力テストに成績が良くない子を休ませたりロクなことにならない。もうテストは全国単位で止めるべきでしょう。
 ケチをつけるならそういうことや、橋下の公約破りにも答えなさい。

どう喚こうが、橋下氏の行動が変化をもたらせました。他の人ではいろえなかったでしょ?
誰が知事であろうと、一府民が教育行政に関心を持ったところで、彼ほどの影響力は到底見込めませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/23917006

この記事へのトラックバック一覧です: 教育委員会批判に思う、橋下徹府知事の拙速さを憂う:

« 昨日の新生燦都の道州制勉強会の報告 | トップページ | 道州制での関西州の州都問題への提言、様々な選択肢を交えた議論を、橋下徹府知事の拙速さを憂う »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31