フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 麻生太郎新内閣発足、地方分権、道州制の行方は? | トップページ | 中山成彬国土交通大臣の辞任に思う、橋下徹府知事も同罪、姿勢を改めないなら辞任をせよ »

2008年9月26日 (金)

小泉元首相引退、郵政民営化から1年

 小泉元首相引退表明

 小泉元首相が引退を表明した。構造改革や自民党を壊すと表明したが、格差拡大や地方の疲弊、アジア外交の後退など手詰まりが多く、いわば幻想に踊らされていたと言える。今、大阪維新の名の元に橋下徹府知事が小泉政治の大阪版を演じているが、府民もその幻想に踊らされず、道州制での関西州を叫ぶながらそれに眞逆の政策を繰り返している矛盾に気ずいて、その姿勢にノーを突きつけるべきだろう。

 また劇場型の原点といえる小泉政治の検証と、竹中平蔵のようなネオリベ路線を否定する形での、道州制を検討すべきである。

 郵政民営化から1年

 小泉元首相が実施した郵政民営化から1年が経過した。だが地方の集配局や簡易郵便局の廃止や値上げ、郵便の誤配も増えている。民営化=サービス向上は単なる幻想であったと言えるが、昔の郵政省に戻るのも世襲の特定郵便局の構造に戻るのも問題だろう。

 私案だが配達と郵貯のATM機能などは共通化するが、道州制単位で公社か民営にするかなど、変更する選択も考慮し、小泉路線の傷みを除去していくべきではないだろうか。

« 麻生太郎新内閣発足、地方分権、道州制の行方は? | トップページ | 中山成彬国土交通大臣の辞任に思う、橋下徹府知事も同罪、姿勢を改めないなら辞任をせよ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/24048359

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉元首相引退、郵政民営化から1年:

« 麻生太郎新内閣発足、地方分権、道州制の行方は? | トップページ | 中山成彬国土交通大臣の辞任に思う、橋下徹府知事も同罪、姿勢を改めないなら辞任をせよ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31