フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 民主党小沢代表の狙いはどちら?地方分権、道州制の態度 | トップページ | 昨日の新生燦都の道州制勉強会の報告 »

2008年9月 7日 (日)

8月末の福井テレビ「座タイムリーふくい」道州制で福井はどう変わる?

 道州制ビジョン懇談会座長の江口克彦氏を迎えて

 8月31日に放送の福井テレビの座タイムリーふくい「道州制で福井はどう変わる?」地元の県議二人と江口克彦氏のやりとりで、福井と道州制の問題が討論された。

 

 福井県と道州制についての特殊事情

 

 まず福井県は道州制での区割り案で北陸または北信越と関西に分かれ、嶺南は強く関西州を希望し、敦賀市の河瀬一治市長のように、「嶺北が北陸州に行くなら嶺南は嶺北と縁を切る」とまで発言している。

 さらに今の福井県知事の西川一誠知事が先頃、中央公論6月号に「道州制の幻想」という論文を掲載している。

 

 地方への配慮と道州制

 江口氏は地域主権型道州制にすれば、東京集中はおさまり地域は活性化すると言うが、県議二人を説得するほどの意見を持ち合わせていると思えなかった。それは東京集中は抑止はできるが、地方からなんでも東京にお伺いを立てることは減少できても、東京に集中している人口や企業を分散させる施策を並行して行わないと効果はあまり出ないのではないか。

 さらに福井から県外の学校に進学した二割しか地元に帰らないという指摘に、地元に魅力がないからと江口氏が指摘したことについては、それは図星ではあるが、道州制施行までの対応は別途必要だと思った。

 福井県の場合、有効求人倍率など地方ではあるが高いのに、文化的賑わいのなさが、若者が大都市に出たら帰らない理由ではないか?今後の道州制論議には無視してほしくない部分ではある。

 州都集中の意見は地域エゴ?

 福井県がまず州都が来ることはないとして、東京集中は止まっても10から12の州都集中になり福井はさびれる懸念に対して、東京集中を止めるのが最優先でそれは地域エゴ

だと言い放った。

 関西州なら大阪州都でも京都や神戸から通勤する人も多いが、西川知事の論文にあるように福井から県外に通勤したりその逆も少ない県では、区割りがどうなるにしろ州都も来ず、州の隅になる地域では東京集中回避の受け皿として、ブロックの拠点都市がある程度成長するにしろ、福井や兵庫県の日本海側への配慮を江口氏は別途表明すべきである。

 地域主権道州制になればというだけでは、州都集中や過疎地があおりを受ける懸念が強い福井県の西川知事や、兵庫県の井戸知事が道州制に否定的なのは無理からぬ話である。

 北信越州の幻想

 江口氏が日本海沿いで軸が出来れば福井も中央になるのではと解説していたが、日本海新幹線などなく、長野県南部は東海との区割りを求め、福井嶺南は関西州希望。先日は江口氏が九州、沖縄で一つの区割り案を地元の要望に添い撤回したように、北信越州構想も撤回することを求めたい。そうでないと地域主権といいつつ地域自らの判断を否定するとして、道州制への反対の根拠を強めてしまう。

 地域単位放送のよさ

 だが福井県単位の放送だからこそ、こういうテーマで番組が組まれたとも言える。橋下府知事が関西州を叫んでも、関西ではこういう形で道州制や地方分権(地域主権)を取り上げるテレビ番組がない。総選挙も近いかも知れないが、地方政治を取り上げるテレビ番組が増え、「朝まで道州制」のような番組が出来てほしいものだ。

 

« 民主党小沢代表の狙いはどちら?地方分権、道州制の態度 | トップページ | 昨日の新生燦都の道州制勉強会の報告 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/23579617

この記事へのトラックバック一覧です: 8月末の福井テレビ「座タイムリーふくい」道州制で福井はどう変わる?:

« 民主党小沢代表の狙いはどちら?地方分権、道州制の態度 | トップページ | 昨日の新生燦都の道州制勉強会の報告 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31