フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 岡山市が政令指定都市に、大阪の暑さは深刻 | トップページ | 日本道州制研究会10月例会の御案内 »

2008年10月13日 (月)

奈良で道州制ビジョン懇談会座長、江口克彦氏の講演「地域主権型道州制」

 昨日 奈良経済倶楽部で道州制ビジョン懇談会座長の江口克彦氏の講演

 連休のさなか、近鉄奈良駅側の奈良県経済倶楽部会議室で、道州制ビジョン懇談会座長の江口克彦氏の講演が、東京の道州制推進連盟の支部、関西道州制推進連盟の主催で開催された。

 江口氏からは著書の地域主権型道州制や、パワーポイントを使った補足資料説明が行われた。東京集中の行き過ぎた現象や霞ヶ関官僚による中央集権の弊害にはうなづく側面ばかりであった。

 道州制反対論者への反応の差異

 江口氏からは道州制反対論者の福井県の西川知事や、奈良県の荒井知事への批判が展開され、九州は県があり、横並びだから経済が伸びていない。一方で韓国は九州が伸び悩んでいる間、拠点都市への集中で経済が伸びたことを述べられた。

 だが質疑応答で私は江口氏に先生の意見に75%は賛成だが、反対理由を根拠に道州制を否定すべきではないが、反対意見は道州制施行の際の欠陥というか注意すべき点として認め、高校野球の代表選出など行政組織として知事や議会を置く府県は廃止しても、日本人のふるさと意識としての府県、道州制での支所としての府県を存続するような対応で、私が同意できない問題点の配慮の不足の残り25%を埋める対応をすることで、道州制に官僚など所謂抵抗勢力以外に、一般市民が同意しない側面や、過疎地を多く抱える県ほど道州制に不安感や反対論が強い点。

 あるいは関西を例にして府県のブランドイメージが強く、道州制で府県の完全消滅は避けるべき持論や、今後は江口先生が「地域主権型道州制」なら、欠点是正型道州制を提言していきたい旨を述べた。

 柔軟な対応に安堵感も

 江口氏の「地域主権型道州制」の中の北信越州と、300自治体論については個人的には同意しかねる旨をたびたび示している。だが江口氏の案にビジョン懇談会の案ではそれに拘束されず、静岡、福井、三重など県を分割して別途の区割りにすることも、ビジョン懇談会の中間報告で見送られた道州制区割り案の例で提示することも考慮されているそうで、現行の都道府県の機能をある程度活かすにしろ、福井県で嶺南地区が道州制で関西州に入ることで結束している地域への配慮と、小規模自治体だが徳島県上勝町のような地域ブランドで成功している市町村、北海道のように小選挙区の北海道10区を基礎自治体にすれば片道300kmの非現実的な範囲になるため、道州制への同意者を増やすため現実的な処理ではないかと感じた。

 説明と質疑の機会の増加を

 江口氏が反対派の福井県の西川知事らに公開討論を申し込んでいるが、それを拒否されているそうで、是非それを実現してほしい。また江口氏に対して、江口氏が相続税を道州制で廃止する州が出来たら、金持ちが集まったりする旨を述べ、財界が道州制に熱心なのは法人税の減免など期待され、それが逆に金持ち優遇で減収分は庶民増税のような共産党の道州制批判の根拠にもなっている。

 格差是正が大きな争点になっている今日、金持ちと大企業優遇ではなく、中央集権と東京への富の集中を分散させ、それを庶民や過疎地にももたらすことで、道州制については中央官僚以外はみんな賛成できるプランの提示と、広報、討論の機会を道州制ビジョン懇談会で増加させることを求めたい。

« 岡山市が政令指定都市に、大阪の暑さは深刻 | トップページ | 日本道州制研究会10月例会の御案内 »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/24474734

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良で道州制ビジョン懇談会座長、江口克彦氏の講演「地域主権型道州制」:

« 岡山市が政令指定都市に、大阪の暑さは深刻 | トップページ | 日本道州制研究会10月例会の御案内 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31