フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 九州を訪ねて 道州制の足音 | トップページ | 地方分権のはき違え?定額給付金騒動 »

2008年11月12日 (水)

兵庫県井戸敏三知事の発言に思う 道州制こそ切り札にすべき

 近畿ブロック知事会議で「関東大震災をチャンス」兵庫県の井戸敏三知事の発言

 11日に和歌山で開催された近畿知事会議で、兵庫県の井戸敏三知事が上記の発言をして、批判を浴びている。震災を受けた県の知事として不適当な発言だが、人口のみならず、往来する通勤や出張での膨大な流入を考慮すると、関東で地震が起きれば補完機能としての関西の役割は重要になる。

 だが井戸知事は道州制の反対論者として知られるが、関西での府県連合だけでは地方自治の集積としては今より有効でも、国の機能を分割し東京集中の分散の受け皿としては、井戸知事が反対する道州制の実施が筋ではないのか。

 また防災と関西での道州制実施を考えれば、橋下大阪府知事が求める伊丹空港の廃港や、大阪市のWTCビルへの府庁移転表明など、大阪市の売却予定価格と現行の府庁の耐震補強費用が同程度であることを含め、国の出先が近接している今の大阪府庁が移転するのは得策ではないと、この件には反対を表明しつつ、関西の結束と東京集中の抑止のため、今回の騒動を契機に道州制での関西州実現に協力することを求めたい。

« 九州を訪ねて 道州制の足音 | トップページ | 地方分権のはき違え?定額給付金騒動 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

マスメディアは失言にのみに焦点が当てられ、肝心の緊急時での首都機能をどうするかが話題になりませんでした。失言がなければ橋下知事を媒介にメディア的に広がった可能性があるだけに残念です。

井戸知事の発言は兵庫県選出の民主党・石井一議員の副首都構想を、伊丹空港跡構想を意識しての発言だったのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/25273218

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県井戸敏三知事の発言に思う 道州制こそ切り札にすべき:

« 九州を訪ねて 道州制の足音 | トップページ | 地方分権のはき違え?定額給付金騒動 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31