フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 1月16日の大阪日日新聞の読者のひろばに「大阪維新、橋下府知事への幻想」が掲載、大阪市の主催で地方分権シンポジューム開催 | トップページ | 新自由主義の終焉を 道州制、地方分権の妨げ。大前研一氏を言論糾弾する »

2009年1月22日 (木)

道州制を巡る新たな動き 

 1月19日 道州制ビジョン懇談会と地方分権推進委員会のトップ同士の会談

 1月19日に犬猿の仲とされている道州制ビジョン懇談会と、地方分権推進委員会が、それぞれのトップである、道州制ビジョン懇談会の江口代表、地方分権推進委員会委員長の丹羽委員長がトップ会談を行い、道州制に先立ち地方分権を協力にすすめることで合意した。

 また最近、自民党を離党した渡辺善美氏の後見人に、道州制ビジョン懇談会の江口代表が名を連ねた。ただ気がかりなのが屋山太郎氏のような官僚批判は鋭いが、タカ派的で市場原理主義的な論者まで名を連ねている点である。これでは道州制が市民にどういうメリットがあるのかという不安を払拭するどころか、増幅する懸念が強い。

 新党立ち上げでもなく、江口氏が道州制に熱心な国会議員こそ、応援したい趣旨で言えば自民党は道州制には多少熱心だが、霞ヶ関改革には民主党より及び腰なことも踏まえると、渡辺氏のような自民党を離党したが民主党に入ったのではないというのは好都合かも知れない。

 江口氏や渡辺氏の意欲は評価できるとしても、批判すべき部分は批判し、真に国政や地方分権にプラスになる手法を模索する意見交換が必要であろう。

 日本経団連の御手洗会長と橋下徹府知事が会談

 今日、日本経団連の御手洗会長が橋下徹府知事を訪問し、関西州への意欲を示す知事の姿勢を評価した。だが雇用破壊の元凶というべき御手洗会長に感謝するばかりで、お互いに賛美していては、蟹工船が読まれ共産党の入党者が増える今、これもやはり「道州制は財界のためのもの」という猜疑心を招くだけである。

 都道府県の解体→道州制という流れにしても、関西のように個々の府県のブランド力が高い地域では、千葉にあっても東京デイズニーランドと呼ばれても、特におかしいとならない関東と同じ手法の道州制でいいはずがない。

 橋下徹府知事が道州制の実現や関西州を叫んでも、周辺府県への配慮がない今のやり方では実現は難しい。

 また小中学生の体力テストの結果が他府県より劣ることに対して、「勉強も体力も無ければ何が残る」とパワーハラスメントと言うべき発言をしているようでは、関西州は大阪府の自己都合と思われるだけである。

 オオカミ少年的な恫喝から脱却して、理性的に道州制を論ずる努力を重ねるか、道州制のため自分の身を引くか選択の時期ではないだろうか。

« 1月16日の大阪日日新聞の読者のひろばに「大阪維新、橋下府知事への幻想」が掲載、大阪市の主催で地方分権シンポジューム開催 | トップページ | 新自由主義の終焉を 道州制、地方分権の妨げ。大前研一氏を言論糾弾する »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/27379116

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制を巡る新たな動き :

« 1月16日の大阪日日新聞の読者のひろばに「大阪維新、橋下府知事への幻想」が掲載、大阪市の主催で地方分権シンポジューム開催 | トップページ | 新自由主義の終焉を 道州制、地方分権の妨げ。大前研一氏を言論糾弾する »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31