フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 道州制ブログ開設3周年です、 新生燦都第5回道州制勉強会のお知らせ、関西での道州制の行方は? | トップページ | 道州制論議、最近の政局での可能性 »

2009年2月25日 (水)

道州制議論の賛否に問いかける 橋下徹大阪府知事と西川一誠福井県知事の道州制議論と、おおさかの住民と自治2月号「道州制」「関西州」で府民の未来はひらけるかを読んで

 2月23日 福井県敦賀市で福井経済同友会例会で大阪府知事と福井県知事が、道州制議論で平行線

 2月23日、福井県敦賀市で開催の福井経済同友会例会に、橋下徹大阪府知事と西川一誠福井県知事が出席した。敦賀市と言えば28次地方制度調査会の道州制案提示の直後、河瀬一治市長が道州制で福井県が北陸州に入るなら「嶺南は嶺北と縁を切る」とまで公言している。

 元々、福井県嶺南地区は廃藩置県で滋賀県だった時期があり、福井県に編入されたことも嶺南地区の希望を無視して行われたため、何度も滋賀県への復帰運動が起こり、福井県が好きという人は67%と、全国平均より相当低く、関西でのアーバンネットワークのシンボルである新快速も乗り入れ、ちりとてちんで有名になった小浜市から県庁のある福井市に直接乗り入れる電車、バスがないなど、北陸トンネルの上を通る木ノ芽峠で、今も昔も文化や経済圏が分かれていて、嶺南地区は明確な関西の範囲で道州制を契機に関西の一員であることを強調したい。

 ところが福井県知事の西川一誠氏は「道州制の幻想」という論文をまとめるなど、道州制反対派の象徴といえる。関西の一員だが福井県という嶺南の敦賀市に、西川知事と道州制と関西州の推進論者の橋下徹府知事が集まったのは皮肉というか、画期的と言うべきか。

 新幹線や敦賀港などの物流強化などでは意見一致しても、道州制については橋下徹府知事は地方が権限を奪い取るために、道州制の必要性を説いてできれば福井県もいっしょと説けば、西川県知事は極力、道州制の話題を避け「道州制後は、州の周辺は今の東京と地方の関係のようになる」懸念を述べた。

 道州制での欠点を是正する配慮と道州制の意義

 道州制推進という点では、橋下徹府知事と私が一致していても、橋下府知事を徹底批判しているのは、福井県のような区割り困難県や過疎地域への配慮が皆無で、小泉=竹中路線で傷んだ地方再生のためでなく、大阪の自己都合と敗北が明らかな新自由主義での道州制を念頭に置いている点である。

 西川知事のふるさと納税制度の提唱者としての発想や、州都集中の懸念はわかるが、霞ヶ関支配や東京集中をいいことだとは考えていないのなら、道州制に賛意を示すが問題点への配慮をたたき付ける方法もあるのではないか。

 同じようなことは、共産党系の大阪自治体問題研究所発行「おおさかの住民と自治」2月号の「道州制」「関西州」で府民の未来はひらけるかを読んでいて感じた。

 道州制の狙いは新自由主義にもとづいている、住民自治が出てこない、生存権などでのナショナルミニマムの視点が欠落しているなどである。日本経団連や橋下徹府知事の語る道州制はまさにその通りで採用すべきものではない。

 だが今のままで霞ヶ関支配や東京集中を防ぐ打開策が欠落している。共産党と西川知事は福井県という点では対立勢力ではあるが、道州制反対とその論拠では一致している。と同時に経済界や橋下徹府知事の方も反対論者の意見に配慮した道州制論へシフトすべきである。

 昨年、道州制ビジョン懇談会座長の江口克彦氏や、関西経済同友会の関係者にも反対派の主張も道州制の欠点として、配慮すべきことを私は述べた。

 配慮のないまま現状が続くのが最も好ましくない。道州制推進論者も反対論者もそのことを肝に銘じるべきだろう。

« 道州制ブログ開設3周年です、 新生燦都第5回道州制勉強会のお知らせ、関西での道州制の行方は? | トップページ | 道州制論議、最近の政局での可能性 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 道州制ブログ開設3周年です、 新生燦都第5回道州制勉強会のお知らせ、関西での道州制の行方は? | トップページ | 道州制論議、最近の政局での可能性 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31