フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 2009東京マラソンを終えて マラソン開催と地域活性化や道州制との関連 | トップページ | NHK教育テレビ「歴史は眠らない:県境の謎をゆく」放送開始、大戸川ダム凍結問題、国の出先機関建設問題 »

2009年3月25日 (水)

勝間和代のクロストーク、道州制の導入を。大阪府庁のWTC移転否決、道州制での関西州に向けて当然の結論

 勝間和代のクロストーク、道州制の導入

 3月6日に毎日JPの方に掲載された勝間和代さんのクロストークでの提言に対して、読者の方から77のコメントが寄せられた。ベストアンサーが勝間さんの方で選ばれたが、東京集中の是正策などでベストアンサーに次いで、私の回答が紹介された。以下優れた回答としていくつかの意見が紹介されたが、このような賛成、反対の見解が結論はともかく、熟慮と配慮が積み重ねられたものは賞賛ができる。以下でご確認ください

 http://mainichi.jp/select/biz/katsuma/crosstalk/2009/03/post-12.html

大阪府庁のWTC移転案否決 道州制での関西州を考慮すれば当然の結論。橋下徹府知事は自戒と反省

 

 24日早朝、結果が注目された大阪南港のWTCへの大阪府庁への移転案は、与党からも公明と、自民の半分近くの反対で過半数にも達せず、否決された。与党からも造反が出たことに一部に抵抗勢力呼ばわりする意見もあるが、これこそが戦前の杉原千畝のような勇気ある行動として賞賛に値する。

 先日も国の出先機関もWTCの付近に来てくれたらと、麻生総理に橋下徹府知事が要請していたが、わざわざ最近建て替えたり、補修を済ませたり計画している国の合同庁舎が、大手前の今の府庁の近隣には多く、道州制は国の出先機関の吸収が含まれることを全く理解できていない。

 また大阪府庁自体は補修が必要でも、近隣にはオフィースビルや広域避難場所の大坂城公園などがあり、大阪府警も隣りにある。交通網や防災での課題がWTCでは指摘され、地震や台風で非常招集をかけるべき時に、あたかも大井川の川止め状態になることを含めて考慮すると、今の府庁を未来永劫使い続けるかは別として、府と市の協調が必要でも、WTCに行けばというのは熟慮のない発想である。

 道州制での関西州の州都になどという発想は、これほど無責任な話はない

  橋下徹府知事こそが独裁者、WBCの世界一と星野ジャパンの敗北に学べ

 大阪府庁移転否決の後の記者会見で、日本は北朝鮮ではない、何でも思い通りに進めたら独裁者になると、橋下知事は語ったが、知事の権限は大きいとは言え、議会制民主主義を理解せず、いわば思いつきに近い形で意見を推し進めた結果の否決の結果責任は問われなければならない。

 あたかも同じ日にWTCならぬ、WBCで日本チームは世界一の栄冠に輝いた。原監督がさほど優秀とは思えない。だが北京五輪の星野仙一監督がメダルにすら届かなかった違いとの差は何かと言えば、原監督が山田コーチなど先輩格の方を入れ、星野監督が田淵、山本など友人で固めワンマン人事と采配を行った違いがある。

 橋下徹知事も勢いだけで走り、自分に心地いい情報をあげる部下を登用し、そして敗北していった。あたかも星野ジャパンや古くは旧日本軍や豊臣家の滅亡を見る想いである。知事と同じ価値を府の職員が向くことを求める思い上がりを反省しないと、おそらく同じような失敗を重ねるだろう。

 道州制のような国とのすりあわせと、周辺自治体との協調が必要な制度設計を考慮するなら、橋下徹府知事の手法に疑問を提示している神野直彦氏や、私などの意見を取り入れるくらいの度量を持ったらどうだろう。

 イエスマンだけでなく、反対意見をぶつける昔の軍師的ブレーンを持つか、霞ヶ関への疑問や大阪のセールス活動は知事自身が行うが、議会や府全体の政策は誰か適任者の合議にしてはどうか。道州制などまさに知事自身がどう修正するかにかかっていると言えるのではないか。

« 2009東京マラソンを終えて マラソン開催と地域活性化や道州制との関連 | トップページ | NHK教育テレビ「歴史は眠らない:県境の謎をゆく」放送開始、大戸川ダム凍結問題、国の出先機関建設問題 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/28791519

この記事へのトラックバック一覧です: 勝間和代のクロストーク、道州制の導入を。大阪府庁のWTC移転否決、道州制での関西州に向けて当然の結論:

« 2009東京マラソンを終えて マラソン開催と地域活性化や道州制との関連 | トップページ | NHK教育テレビ「歴史は眠らない:県境の謎をゆく」放送開始、大戸川ダム凍結問題、国の出先機関建設問題 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31