フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 静岡県知事選挙を終えて 道州制への影響 | トップページ | 近づく総選挙 地方分権や道州制は争点になるか »

2009年7月13日 (月)

東京都議会選挙を終えて麻生首相解散を決断他

 東京都議会議員選挙を終えて

 12日に投開票が行われた東京都議会選挙は民主党が第1党、自公合わせても過半数を切る結果となった。この結果は独裁的な石原都政と今の麻生内閣に衝撃を与える結果となった。現体制への批判が強く出た結果だが、全国知事会などで課題の地方分権は都民の選択肢にはならなかった。

 全国的には東京集中の抑止に地方分権や道州制を求めるとしても、場合によっては東京の衰退を都民が選択することになるし、財源の自主独立を強く求めると、地方への再交付を拒み東京の地域エゴの疑念も出るため、投票の論点にはなりにくかったようだ。

 麻生首相が解散を決断

 そんな中で麻生首相が7月21日解散、8月30日投票を表明した。閣議で他の大臣が署名するかなどすんなり動くか、やや不透明な所もあるが、経済格差問題などと共に地方分権、道州制がどれだけマニュフェストの中に入るかや、全国知事会議の動きや東国原知事の出馬がどうなるか。今週の動きに目が離せない。

« 静岡県知事選挙を終えて 道州制への影響 | トップページ | 近づく総選挙 地方分権や道州制は争点になるか »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都議会選挙を終えて麻生首相解散を決断他:

« 静岡県知事選挙を終えて 道州制への影響 | トップページ | 近づく総選挙 地方分権や道州制は争点になるか »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31