フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 衆議院選挙情勢を見て、地方の文化振興の重要性 | トップページ | 近づく組閣 どうする中央と地方の関係 »

2009年9月 3日 (木)

衆議院選挙を終えて 道州制、地方分権の行方

 衆議院選挙を終えて 道州制、地方分権の行方

 衆議院選挙は自民党の大敗北と、民主党の大勝利という前回選挙の裏返しのような結果となった。自民党の賞味期限が切れたというべきだが、庶民感覚としては道州制をマニュフェストに入れた自民、公明を選択しなかったことは、まずは中央集権の打破と暮らしの充実であり、すぐには実施できない道州制を掲げられていたからといって、自民、公明を選択する気にはならかったのではないか。

 また中川秀直、小池百合子ら道州制に積極的だが小泉:竹中路線支持者が小選挙区では敗北したことなど、彼らが大物代議士であることを考慮すると、自民党の衰退原因は小泉:竹中路線であることは明らかで、それを支持したから苦戦したと考慮すべきである。

 にも関わらず地域主権型道州制国民協議会の見解として、小泉:竹中路線を放棄したのが敗退の原因というのがあり、呆れるしかない、開いた口がふさがらない。3万人の自殺者を産んだ誤った路線を支持している以上、道州制は財界と富裕者の物。格差を拡げる手法としか言いようがない。協議会の言い分はそうではないというとしても、世間の眼はそうとしか思われないだろう。

 渡辺善美氏らみんなの党のメンバーを強く支持を、地域主権型道州制国民協議会が強い支持を表明したことも、会の発足当時は自民と民主が勢力が拮抗するだろうから、少ない人数でも主導権が取れると踏んだのだろうが、今回の結果では5人の勢力など埋没するだけである。

 民主党の中の道州制支持論者への要望と、小泉:竹中路線の流れを否定した道州制をきっぱり否定することを、地域主権型道州制国民協議会には強く要求したい。

 また最近市町村合併について、安土町と近江八幡市の合併で合併を推進した安土町の町長がリコールされたり、全国町村会が道州制に反対の方針を示したが、その理由として、市町村合併の弊害が道州制で拡大する懸念が指摘されている。

 官僚制や中央集権の打破は必要としても、住民と行政の距離感を遠くしないこと。道州制は将来必要だと思うが自民党の敗北が小泉:竹中路線にあることを認識して、地域再生と個人の暮らしの底上げをまずは重視することを民主党の新政権には求めたい。

« 衆議院選挙情勢を見て、地方の文化振興の重要性 | トップページ | 近づく組閣 どうする中央と地方の関係 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/31212895

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙を終えて 道州制、地方分権の行方:

« 衆議院選挙情勢を見て、地方の文化振興の重要性 | トップページ | 近づく組閣 どうする中央と地方の関係 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31