フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 経済格差問題と道州制。可処分所得の均等を目指せ | トップページ | 大阪日日新聞2月22日号5ページ読者のひろば「府市再編問題冷静な対応を」掲載される。 »

2010年2月24日 (水)

大阪市と大阪府のバトル激化?道州制への方向付け

 橋下徹府知事と平松邦夫大阪市長が激論「大阪都」構想巡り

  各紙が報じているが大阪府に大阪市を吸収する「大阪都」構想を述べる橋下徹府知事と、大阪市が拡大して特別州を構想する平松邦夫市長が、22日に時間をオーバーして激論した。共に道州制の実施ということでは一致しても、方向付けにかなり差異があるというところか。

 世論が橋下徹府知事の勢いに押され、合併がいいことのように述べる意見が多いが、東京23区が区議会議員の合計が900人を越え、区議会が美濃部都政以前はなく、都知事と都議会しか住民は選挙できなかった。

 戦前の東京市は後藤新平のような先駆的な考えでリベラルなため、軍部にとって厄介な存在で東京都にされることで自治を奪われた。またサッチャー政権のイギリスでロンドンシテイが解体されたことで、中央集権が強化が進んだことがある。

 地域主権や道州制を視野に入れた時、財布をいつしょにするという発想で、基礎自治体がむしろ形骸化する危険性が強い。今、合併するはずの安土と近江八幡が、安土が住民が猛烈な抵抗をしているように、いつしょにすればという橋下徹府知事の発想は将来に禍根を残すことを冷静に考慮すべきだろう。

« 経済格差問題と道州制。可処分所得の均等を目指せ | トップページ | 大阪日日新聞2月22日号5ページ読者のひろば「府市再編問題冷静な対応を」掲載される。 »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/33510806

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市と大阪府のバトル激化?道州制への方向付け:

« 経済格差問題と道州制。可処分所得の均等を目指せ | トップページ | 大阪日日新聞2月22日号5ページ読者のひろば「府市再編問題冷静な対応を」掲載される。 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31