フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 大阪都構想に市民の声を。不明朗な橋下徹府知事のパーテイ券問題徹底追及を。 | トップページ | 北陸新幹線は福井以南をスーパー特急で座たいむりーふくい掲示板に掲載 »

2010年5月30日 (日)

普天間移設問題に思う。地域主権型道州制への疑問と江口克彦氏の矛盾。毎日新聞で道州制との関連で大阪都構想を解説

 普天間移設決着に思う 地域主権型道州制の落とし穴

 普天間問題が5月末決着が結局、沖縄の中となり閣議署名に従わなかった社民党の福島党首が罷免、社民党の連立離脱方針となつた。徳之島移転やグアム島あたりへの移転が実現しなかったからだが、沖縄返還は終戦から27年かけて実現できたこと。アメリカや他の国内の合意があり、首相就任で1年足らずで実現するとは思えない。

 今すぐできないが、ねばり強い交渉で実現することと考えるべきだった。ただ最近はやりの地域主権では、外交や防衛は国の役割とはいえ、迷惑施設の米軍基地を生活に支障がある以上、おいそれとは引き受けない。地域主権なら安保条約を拒否はしていないから基地は拒否できると開き直られればどうなるだろう。

 そのあたりみんなの党から出馬する江口克彦氏の地域主権型道州制では、基地は応分に各地が負担的ニュアンスだが、それでは地域主権ではない。外国人の地方参政権反対をみんなの党も、江口氏も述べている。

 これは道州制に反対なら筋が通るが、国政選挙ではなく地方選挙に州によっては外国人に参政権がある州があってこそ地域主権。方針で全国的に禁止のどこが地域主権型道州制なのだ。

 江口克彦氏が許せないのは、各地で関西州政治家連盟など、本来は超党派の道州制義連を地域主権型道州制国民協議会と連動させていること。自分がみんなの党から立候補するなら道州制国民協議会の代表を辞任すべきだ。そうでないと超党派の政治家連盟で無くなることがわからないのか。

 さらに許せないのは数々関西州や道州制に矛盾した大阪都構想をぶちあげている橋下徹府知事を応援するだけでなく、デジタル時代だから大阪市と大阪府の図書館があるのはムダと決めつけている。

 府や市の図書館は座る場所も僅かになるくらい利用が多く、関西が文化で東京に負けないことが対抗軸となる発想が持てないことなど、こんな無理解な人間に東京集中の抑止や道州制、関西再生を語る値打ちはない。

 民主党も課題が多いが、江口克彦氏が立候補する以上、その名前はもちろん「みんなの党」に投票する気にはならない。

 本日の毎日新聞で大阪都構想を人羅格氏が解説

 詳しくは以下を参照されたいが、道州制構想との連続性を指摘していることである。

http://mainichi.jp/select/opinion/hansya/news/20100530ddm004070022000c.html

橋下徹府知事の一方的ないい分ではなく、こういう的確な解説が増えてほしいものだ。

« 大阪都構想に市民の声を。不明朗な橋下徹府知事のパーテイ券問題徹底追及を。 | トップページ | 北陸新幹線は福井以南をスーパー特急で座たいむりーふくい掲示板に掲載 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/34962631

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間移設問題に思う。地域主権型道州制への疑問と江口克彦氏の矛盾。毎日新聞で道州制との関連で大阪都構想を解説:

« 大阪都構想に市民の声を。不明朗な橋下徹府知事のパーテイ券問題徹底追及を。 | トップページ | 北陸新幹線は福井以南をスーパー特急で座たいむりーふくい掲示板に掲載 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31