フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 2011東京マラソンを終えて 市民マラソンと地域活性化 | トップページ | 最近の政局と地域主権(地方分権)の動き、どうなる統一地方選挙とその後の行方 »

2011年3月 3日 (木)

もはや人間として許せない橋下徹府知事の発言と施策

 次々と不可解で許し難い橋下徹府知事の発言と施策

 統一地方選挙まで後、一月少々となった。しかし橋下徹府知事の発言や施策は、反省をするどころか、ますます不可解で許し難いものとなった。

 昨日は、給食実施は選挙向けパフォーマンスという発言。その少し前は耐震補強を優先するため、給食実施を渋る泉南市をタウンミーテイングでつるし上げ。ところが泉南市は財政が厳しい上に、大阪府でも南部のため南海地震の影響を強く受ける。児童の安全のみならず、地震の時の住民の避難場所のことも考えるとこのことは責められない。

 そうやって恫喝して、パフォーマンスだと言われたらこんな他者をこけにした話はない。

 その前は、関西広域連合に入りたがらない奈良県の荒井知事に対して、それならリニアを奈良を通過させない発言。国土交通省でも関西広域連合の議長でもなく、どうして自分の身勝手で奈良を通す通さないなど言えるのか。たとえば京奈和道路の早期完成など奈良県の懸念事業への協力など表明して、関西広域連合入りを迫る度量を持てないのだろうか。

 大阪府の赤字減らしと豪語しているが、臨時財政対策債を就任以来2000億円前後発行して、借金の移し替えでその場しのぎしているだけなのに、そのことは触れずにごまかすばかりだ。

 また森ノ宮の成人病センターが現地建て替えが安上がりで、移転候補地の大手前は周辺に大規模病院も多く、費用でもバランス的にも大手前移転に理がないのに、大手前移転に執着。さらに大阪城は大阪の顔にも関わらず、文化財保護課を旧WTCの庁舎に移転。埋め立て地で何も文化財のない場所に文化財の部署に移転させる課の特性などまったく配慮しない施策。

 また橋下徹府知事は、また日本の地方自治研究の第一人者の佐々木信夫氏を名指しで批判したり、ツイッターで「うおりゃー」とかうめき、かけ声まで書き込んでいる。

 大阪都が道州制に矛盾すると言われれば、市議が道州制を語るのはおかしいに続き、朝日の記事を見て、ツイッターで吹田市の神谷市議を公然と批判。

 高い支持率を誇っているが、嘘、ごまかし、はったりはもうごめんだ。府民の皆さん「橋下と大阪維新NO!」の狼煙を打ち上げよう。

« 2011東京マラソンを終えて 市民マラソンと地域活性化 | トップページ | 最近の政局と地域主権(地方分権)の動き、どうなる統一地方選挙とその後の行方 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/39093185

この記事へのトラックバック一覧です: もはや人間として許せない橋下徹府知事の発言と施策:

« 2011東京マラソンを終えて 市民マラソンと地域活性化 | トップページ | 最近の政局と地域主権(地方分権)の動き、どうなる統一地方選挙とその後の行方 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31