フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 統一地方選挙結果速報 民主の退潮が与えた影響 | トップページ | 東日本大震災から1ヶ月 道州制や地域再生との関連 »

2011年4月11日 (月)

勝利か敗北か橋下徹が大阪都構想の白紙検討発言。大阪府民、市民よ理性を持て

 橋下徹の不可解発言

 統一地方選挙の大阪府議、堺と大阪市の市議選挙が終わった。府議選挙は1人区が多いため、大阪維新の会は過半数確保。市議は第1党だがかなり及ばない。過半数取れなきゃ引退を過去している経緯はあるが、普通に考えれば負けではないだろう。

 しかし府では過半数を制したからと言っても今更、WTC移転など打ち出せず特例債などで黒字に見せかけていることが明らかになっているから、橋下がたくらむことを必ずしも実行できるのではない。

 今朝になり都構想自体は負けとか白紙検討とか、他党と協議をほのめかしてきた。これは大阪市が過半数ではない壁の高さと、以前、木原前堺市長をほめあげ、急に批判に転じて追い落としたことの再現の両方が考えられる。

 大阪市長選挙に維新から候補を立てる可能性が強いことを示唆したが、過半数ではない壁は大きいし、自分がそのことで市長に仮になれても知事を明け渡し、そこへ橋下反対勢力が擁立し当選するリスクもある。

 今後の議会や府と市の協議で、橋下がどう動くか決まるだろうが、上山信一や江口克彦ら橋下応援勢力の動きを冷静に注視して、対応していくべきだろう。

 大阪府民、市民よ理性を持て

 しかし呆れたのは4月8日に関西広域連合の会議を選挙応援で、橋下徹はさぼり、商店街つぶす発言した元秘書など低レベルの候補者が当選した。こういう知事や候補者を支持を続けていては、やっぱり大阪や的な日本全体の蔑視を受けるだけである。

 風で当選した小泉チルドレンや、先の総選挙の民主の大勝のように、とにかく流れを買いたいのような投票行動は自分たちのツケになるだけである。府民、市民の皆さん。せめて大阪市長選挙と知事選挙は冷静な選択をしてほしいものだ。

 講演引き受けの御案内

 当方で、道州制、地域活性。あるいは日本史やランニングのテーマで講演依頼を受け付けています。詳しくはシステムブレーンまで。以下でご確認を

 http://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-5999.htm

なお府内の方でしたら、夕刻以降の依頼引き受けが可能なので、上記の料金以下でお引き受けします。直接以下のメールでご相談ください

 yamashikachiki@occn.zaq.ne.jp

« 統一地方選挙結果速報 民主の退潮が与えた影響 | トップページ | 東日本大震災から1ヶ月 道州制や地域再生との関連 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/39573940

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利か敗北か橋下徹が大阪都構想の白紙検討発言。大阪府民、市民よ理性を持て:

« 統一地方選挙結果速報 民主の退潮が与えた影響 | トップページ | 東日本大震災から1ヶ月 道州制や地域再生との関連 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31