フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 超党派の道州制懇話会が発足、大阪維新の会メンバー吹田井上市長に公職選挙法違反の疑い。敦賀市河瀬一治市長が橋下徹府知事に公開質問状 | トップページ | 暴走する橋下徹府知事と支離滅裂の大阪維新の会遠のく関西州実現 »

2011年5月27日 (金)

必読 今日の大阪日日新聞 6月18日の道州制と地域文化社会学会ぜひご参加を

 今日の 大阪日日新聞は必読

 今日の大阪日日新聞は必読です。1面が関西広域連合のメガソーラー計画参加の話。テレビは相変わらず橋下が中心的な扱いだが公平な扱い。21面が先日からの君が代起立条例について、ずっと前から橋下知事は考えていたことを紹介。そして議会の暴走の懸念で締めくくり。

 だいたいマニュフェストなどでそのことに触れず、維新以外も賛同がどこかの会派がしないと議題は無理押ししないといいながら、こういう方法は「中身を見せない押し売り」に等しい。

 そして20ページのコラム「金井啓子のなにわ現代考 君が代起立条例案」先日の日本テレビ系の世界一受けたい授業に出演されていた金井先生だが、条例の是非には先生は踏み込んでいないものの、議会が二元代表制である以上、府議会が職責をキチンと果たせということで、府議の職責を果たせという見出しがついている。

 しかしキチンと役割を果たさないと、維新の会の府議団も有権者から「ああやっぱり橋下知事の御用機関なのか」で締めくくっているが、そもそも強力な権限を持つ知事が政党を持つことは禁じてとすべきだろう。後日、金井先生がブログで記事掲載されると思うので、金井啓子で検索してご覧ください。

 そして18ページの私の視点。大手門志郎という方の記事。「橋下大阪府知事の限界が見えた?」南港WTCの庁舎移転がこの間の震災で360か所の損傷。あの地震以前から専門家の指摘で無謀ぶりが指摘されていて、悪夢が南海地震で切迫してきたわけである。これだけ問題点があっても橋下知事が怖くて職員は口に出さない。「過去にあった報復人事が待っているからだ。したがって府民の声も届かず、批判さえ負け犬の遠吠えに聞こえる。で締めくくられている。

 ところがどうだろう。今日の府議会で大阪維新の会の松井一郎幹事長は、WTC移転が大手前庁舎が建物が古いから移転を前提のような意見。金井先生が指摘しているような府議としての職責が果たされていない。こういう大阪の現状は憂うべき状態である。

 道州制と地域文化社会研究学会設立大会6月18日開催です

 6月18日に上記学会発足会が難波生涯学習センターで開催です。私は大阪再編成の新たな提言を発表。以下の記事を参考に是非ご参加を

 http://yamashika.cocolog-nifty.com/chiki/2011/05/post-4a48.html

 そして

« 超党派の道州制懇話会が発足、大阪維新の会メンバー吹田井上市長に公職選挙法違反の疑い。敦賀市河瀬一治市長が橋下徹府知事に公開質問状 | トップページ | 暴走する橋下徹府知事と支離滅裂の大阪維新の会遠のく関西州実現 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/40159487

この記事へのトラックバック一覧です: 必読 今日の大阪日日新聞 6月18日の道州制と地域文化社会学会ぜひご参加を:

« 超党派の道州制懇話会が発足、大阪維新の会メンバー吹田井上市長に公職選挙法違反の疑い。敦賀市河瀬一治市長が橋下徹府知事に公開質問状 | トップページ | 暴走する橋下徹府知事と支離滅裂の大阪維新の会遠のく関西州実現 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31