フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 今日は子どもの日 中之島まつり「伝えよう大阪」に参加して | トップページ | 道州制と地域文化社会研究学会設立大会開催のご案内「大阪再編成の新たな提言」も発表します »

2011年5月 9日 (月)

中部電力浜岡原発停止問題、馬鹿げた発想大阪市分割後の事業組合案

 菅総理の要請を受け 浜岡原発停止方針

 浜岡原発が菅総理の要請を受け、津波対策を終えるまで稼働を停止することになった。東海地震の確率を考慮すると当然だと思う。

 ただ関東への送電など考慮すると踏ん切りがすぐにつかなかったと思うが、石井一氏のゴルフ問題があり、逆に決断できたのではないか。

 他の原発はどうかの問題はあるが、原発問題は概ね以下のことを提案したい。

 電力サンセット作戦

 電気を一つの電気の発電だけではなく、同じ地域で三つの発電方式。原発銀座とされる福井県若狭地方なら、波力と風力はやや天気の悪い時期が発電が多く、風や波が止まる時は晴天率が高く太陽光発電が見込める。

 太陽、波、風の3つのサンセットである。原発地帯は不安を抱えつつ電力産業の雇用と、交付金で食いつないでる現状がある。

 建設30年とか古いものから段階的に廃炉し、サンセット作戦で交付金と雇用を守りながら、発電量は確保するわけである。

 橋下徹府知事が若狭地区の原発も停めようとか、一方で浜岡停めたら中部地方に電気回そうとか、一方で止めろ、回せと長いサイクルでやることと、短期でやることの区別がついていない。

 若狭の原発を停めるというなら、上記のような代案を示すのが筋ではないのか?第一、4月8日の関西広域連合の会議で関電への安全申し入れをさぼった知事が、今になってそういうことを言うのは、町内の掃除をさぼり、俺が掃除引き受けたのようなことを言うワンマン町内会長のようなものではないだろうか。

 それとこういう問題は国まで行かないにしろ、近畿、東海、北陸の3地域で考えねばならない問題だし、今の副知事は関西電力出身である。

 それを逆手にとり、脱原発報道をしても関電がスポンサーを降りるのような対応をさせないくらいの、お金がある側に大きな顔をさせない配慮をしてはどうか。だが自分の秘書がツイッターで平松市長が記者会見で、録音のスイッチ切らせて悪口いいまくっているというデマを流していることを考えると無理な話ではある。

 馬鹿げた発想 大阪市分割後の事業組合案

 いくつかの報道で明らかになったが、大阪維新の会が大阪市が分割されたらその後の健康保険とかいろんな事業を、事業組合で続ける提案を出すとのこと。だが事業組合は合併まで至らないが、複数の市町村がゴミ収集や消防など連携するための制度で、これではまるで、わざと丼をわって接着剤でくっつけそれでカツ丼を食べるような発想。

 こんな発想で大阪都を論じたり、関西広域連合に意見を出しても意見がかみ合うとは思えない。所詮、大阪都構想は大阪維新の会の構想の道具に過ぎないと理解すべきだろう。

« 今日は子どもの日 中之島まつり「伝えよう大阪」に参加して | トップページ | 道州制と地域文化社会研究学会設立大会開催のご案内「大阪再編成の新たな提言」も発表します »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/39928917

この記事へのトラックバック一覧です: 中部電力浜岡原発停止問題、馬鹿げた発想大阪市分割後の事業組合案:

« 今日は子どもの日 中之島まつり「伝えよう大阪」に参加して | トップページ | 道州制と地域文化社会研究学会設立大会開催のご案内「大阪再編成の新たな提言」も発表します »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31