フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月19日 (月)

公開質問に返答のない大阪維新の会に抗議状 及び新たな新たな公開質問状 平松邦夫市長が再選出馬表明

 抗議状 

 8月16日に配達記録便で大阪維新の会に送付した公開質問状は、9月10日までの貴会のホームページ上での回答を求めたにもかかわらず、回答できない理由を示さず何の回答も示しませんでした。

以下にその際の記事を示しますと共に

http://yamashika.cocolog-nifty.com/chiki/2011/08/post-6d55.html

新たな質問を付加し、回答を9月30日までに、大阪維新の会ホームページに求めます 

 2011年 9月19日 地域再生と道州制を検討する研究会代表 

 大阪維新NOの会会員    山中鹿次

 31, 先日の台風12号で近県の奈良、和歌山、三重が台風12号で大きな被害を受け

大阪府内でも暴風雨警報が発令されました。にも関わらず4日連続で公務無し、関西広域連合のメンバーとして、府内の安全を最も担う知事として適性を欠くのではありませんか。この4日間の行動の情報公開と、公務しなかったことの反省を求めます。

 32 先日、橋下代表がツイッターで「こういうツイートをするのは大阪市の人間だ」とハンドルネームとは言え名前をさらし、攻撃を加えました。ご本人は自営業だそうで、そもそも政治家でもない市民を捕まえ、知事がネット上で非難を加えるのは弁護士経験を持つ人間とは思えません。

 大阪維新の会ホームページと橋下徹氏本人が記者会見とツイッターでの謝罪を求めます。

 33 正式な大綱発表に先立ちその概要が漏れてきています。しかし市営交通民営化を求める一方で、高齢者無料パスは存続するといいます。だが時期が来ればその存続の判断は特別区で判断とのことですが、住之江公園から鶴見緑地まで地下鉄を乗り換えて行くとなるといくつもの区を通過します。それぞれの区で判断が異なれば無料パスは使えるのですか。ご回答ください。

 34 9つ程度の特別区の区割りの具体案を答えてください。一つの区でもいろんなパターンを想定できるでしょうから、その場合はA案B案と複数の考えがあればそれも示してください。

 35 区長公選は住民が本当に求めるなら私も可能性は否定しませんが、合区とか区議会を住民投票でとても過半数が取れるとは思えません。2015年にそれでも大阪都がdきるという根拠を教えてください。

 上記が質問です  9月末までにご回答ください

 ついに 平松邦夫市長が再選出馬表明

 とうとう平松邦夫市長が再選出馬表明をした。道州制や関西広域連合を視野に入れると大阪市を特別市というのは当然の選択である。犯罪減少とか板挟みになる生活保護問題の両立、地下鉄の黒字化、情報公開の徹底、犯罪、放置自転車の減少など短期間でよくこれだけ出来たものだ。

 また安心救急ねっとを府内全域の対応など、府が本来やるべきことをやっている。詳しくはまた特集するがとにかくハシズムを叩き壊すためみんなの力で、平松さんをもり立てたいものだ。

2011年9月 9日 (金)

揺らぐ大阪維新の会と橋下徹府知事 大阪再編成の新たな提言を公開

 揺らぎだした 大阪維新の会

 昨日から大阪維新の会が知事候補を、造反官僚で名前を高めている古賀茂明氏に打診したが断れ、今後も交渉予定の一方で、池田市の倉田市長らの大阪の他の市町村長と連名で、橋下対平松の争いを避ける動き。

 そのせいか大阪市の分割解体を飲めば、大阪府内全体を特別市にすることで大阪都にこだわないと橋下徹府知事が言い出した。

 講談社のg2で森功氏が橋下徹府知事が市長ではなく国政に意欲と記事。たしかに大阪市解体には国の同意も必要。平松市長の激務を見ると連日公務無しの橋下知事が市長になっても務まらない問題もある。

 もはや損得問題以外にここで市長に出るのを辞めるのは筋が通らないと考えるか、倉田市長らの斡旋を受け入れるのが大阪のため筋と考えるのか。

 橋下徹人気そのものは続いてはいる。しかし府議会はWTCと財政問題、成人病センター問題で紛糾が予想され、維新が過半数で強硬採決なら非難轟々で選挙になる。

 となると転機というか潮目が変わるタイミングとして。

1、9月後半の池田の倉田市長らの斡旋

2、10月15日の橋下:平松会談

3、10月30日の大阪マラソン

 3については市長選挙の4週間前。正式な公示を考えるとリミットに近いだろう。マラソン成功を橋下知事の手柄のように報道されるか、市民協働のような表現とか平松:橋下が同席せざるを得ないから、この機会に和解しろとか仲良くの世論が盛り上がるかで、橋下が知事に止まるか市長に出るかが分かれるかも知れない。

 後は橋下徹府知事が区長公選にこだわるなら、平松市長はトップダウンは嫌いだが市民の意志は尊重する。市の分割は避けるが住民投票は実施して区長公選の是非を問い導入を決める意志表示をしてはどうか。

 島田紳助問題が以外な展開を見せる可能性とか、大阪のいろんな文化人が対決をあおるのか、けんかは止めて原点に帰れとなるのか。ともかく森功氏の指摘のように選挙の強さの一方で橋下陣営は誤算の連続である。

 そろそろダメかの恐怖が橋下徹府知事と維新の会を覆っているのは間違いないようだ。

  大阪再編成の新たな提言

 ー関西州に向けた自治体再編と住民自治力の向上をめざしてー

 2011年5月31日作成の道州制と地域文化社会学会設立大会で、口頭説明したものだが、以下で順次このブログで示すことにする。都構想の妄想などではない案をお読みいただきたい。

 はじめに

 大阪は古くから日本の経済、文化の中心地で江戸幕府の時代でも「天下の台所」と称され、明治以降も大大阪の時代と呼ばれ、工業製品の製造で東京を上回っていた時期もある。ところが戦後復興が東京主導で行われ、1964年の東京五輪開催など戦後復興が東京主導で展開し、1970年の大阪万博開催に伴う一時的な経済的浮上は見られたものの

以後は経済的停滞に拍車がかかり、それが大阪に本社を持つ大企業の東京への本社移転を招くという悪循環に陥った。(1)

 その中で大阪市と大阪府が併存することが、大阪の発展を阻害しているという意見があり、経済界からも大阪市と大阪府の統合を求める意見が出されたりする。(2)最近では大阪都構想が橋下徹府知事とそのブレーン、知事が代表を務める大阪維新の会から出されている。(3)

 これについては大阪府の地方自治制度の検討機関からの困難であるという見解や、(4)有識者からの都構想批判もある。(5)

 しかしこれらを概観して、問題が大阪府と大阪市の対立問題に比重がかかりすぎ、大阪府内の他の市町村の力を強化しながら、住民自治力の向上を促進する方策が不足している側面がある。ここに大阪全体の浮揚につながる新たな再編を提言する。

 

2011年9月 6日 (火)

防災意識皆無 咲州庁舎と大手前併用で960億円 台風さなか4日間公務なし 疑問だらけの成人病センター移転問題 いまだに公開質問に答えない大阪維新の会と橋下徹府知事

 まさに砂上の液状化の楼閣の咲州庁舎

 WTC移転なら安上がりはどこへ。600km離れた東日本大震災で1、4m揺れ西日本最大の被害。そこに全面移転できず耐震補強して大手前と併用なら30年で960億円。これなら大手前で予定地で府庁を立ててもこんな費用にならない。安物買いの銭失いの見本である。

 天災はわからないと橋下知事はコメントしてるが、東日本震災前から関西大学の河田先生が何回も指摘。議会でも同様の意見が出ている。そのたび居直る結果がこの始末だ。職員基本条例で一般職員クビではなく自分が引責辞任が筋である。

 台風さなか公務なし4日連続 悪質ツイート繰り返す橋下徹府知事

 台風12号で奈良、和歌山など近畿(関西)南部で大被害が出た。地震と異なり台風は事前にわかる。平松市長は役所に居残り対応。また本日は被災地に救援物資を出したし区役所も的確な対応をした。

 ところが橋下徹府知事は2から6日まで4日続けて公務なし。そのくせ職員へのメールが減ったという読売新聞の記事への批判と、大阪市では防災できないと平松市長と大阪市への悪口。

 だが今日まで見舞いとか気をつけての言葉もなく、府から被災地への対応もない。これで都構想で防災とか言われても信用できない。

 さらに隣の県に適切な対応も出来ないで、奈良に関西州に入れとか広域連合に入れと言われても入ると義務だけ負わされるだけ損だとなるだけである。広域連合に奈良が入らない、道州制に奈良県の荒井知事が批判的なのは荒井知事のせいではなく、橋下徹府知事のせいだと力説したい。

 疑問だらけの成人病センター移転問題

 かいつまんで説明すると今の場所の地域住民は移転を望んでいない。移転候補地住民は移転されることを望んでいない。候補地の周りは大きな病院が多く、駅から遠い。またいろいろ難点がある。

 詳しくはマサシ358のブログをご覧ください。

 http://ameblo.jp/masashi358/day-20110901.html

http://ameblo.jp/masashi358/day-20110906.html

また橋下問題全体はみいらかんすさんのHPの橋下ワクチン開発室で検索を

  また私から補足すると大手前だと文化財調査は大坂城、難波宮の遺構がかかるので

、簡単な確認調査で済む森の宮と大違い。大手前の方が建て替えに時間かからないという唯一の利点の根拠すらない。これを維新が過半数を理由にロクに説明会せず、公務なし続ける府知事が目前に行われた説明会に顔出さず強行採決すれば、歴史の汚点となるだろう。

 

 おまけに公開質問状にいまだ回答なし

 さらに補足すると9月10日までにという私からの公開質問状はいまだ回答なし

http://yamashika.cocolog-nifty.com/chiki/2011/08/post-6d55.html

  まったく信義にかける連中である。維新ならぬ異心の会と改名すべきである。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31