フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 公開質問に返答のない大阪維新の会に抗議状 及び新たな新たな公開質問状 平松邦夫市長が再選出馬表明 | トップページ | 大阪市長選前の緊急提言と大阪府立成人病センター移転問題  »

2011年10月 4日 (火)

道州制勉強会風月の勉強会の講師に柳本顕市議がご参加。10月1日、2日の日本地方自治研究学会報告。あがく大阪維新の会と橋下徹の罪

 9月30日の道州制人材育成塾 風月例会に 柳本顕 大阪市議ご参加

 9月30日に議会終了後のあわただしい中で、柳本顕市議に講師としてご参加いただいた。クイズ形式で西成区や大阪の事情を紹介していただき、印象に残ったのが設立時の事情で面積の大きい大阪城公園でも市の管轄なのに、神社の敷地を公園にしたりした経緯で、古くから公園だったため面積の狭い住吉公園、住之江公園が今だに大阪市の管轄であることや、地元の小学校の統廃合でもなかなかケリがつくことでないのに、大阪都のような区の再編とか、大阪市の廃止など実際にできるものではないと再認識させられた。

 ただ柳本さんと参加者とのやりとりで、西成区がいろんな逸材を生んでいる一方で偏見が多く、他の区の人が統合したがらないこと。あいりん地区を抱え4人に1人が生活保護受給問題など、逆に言えば西成区が再生できるのなら大阪の再生は容易ではないかと思った。

 参加者も柳本さんも橋下人気の手強さへの対処と、大阪都を支持しているというより

アンチ大阪市役所の意識の誤解をどうするかが課題だと痛感していた。柳本さん所属の大都市税特別委員会は辻よしたか市議、川嶋広稔市議、北野妙子市議ら論客揃い。どんどん大阪維新の矛盾を突いてほしいものだ。

 第28回日本地方自治研究学会報告

 翌日の10月1日は関西大学で開催の日本地方自治研究学会に参加。朝は一般研究発表だが私は「市民発信による道州制検討提案とその課題ー関西での提案活動の現状を中心にしてー」という研究発表を行った。

 関東地区では道州制comなどかなり名前が知られた団体があるが、関西では日本道州制研究会など古くからあるが、あまり存在が浸透せず、だが最近は活動が活発になりそれらのメンバーが参画した関西州サイバー議会も設立された。

 しかしメンバーが大阪都構想の賛成、反対が入り交じり委員会で統一見解が難しいことや、来年1月22日に道州制と地域文化社会研究学会が大会を開くこと。意見をまとめてもその窓口がないことなどを報告した。

 午後は「地域主権改革の展望」をテーマに講演やシンポジュームが行われた。矢田神戸市市長の講演では特別市が今後の方向性。一方で次ぎのシンポジュームでは池田の倉田市長が橋下知事はそのまま府知事を続けろという一方で、人口10万の池田市なら運動会に全て顔を出せることを引き合いに大阪市は基礎自治体として大きすぎることを主張。

 府県の代行機能を考慮すると、今の政令指定都市がより大きな特別市になる方がいい。しかしそれでは住民との距離感が遠のく。今、大阪市が実施している区政会議など区の機能強化が欠点解決に不可欠ではないかと痛感した。

 焦る大阪維新の会と橋下徹 怒りの声をますますぶつけろ

 9月30日でニュースキャスターの辛坊氏の府知事候補擁立断念。すると維新の区民会議に橋下知事は体調不良でキャンセル。週明けから朝日、今朝は産経が松井一郎幹事長擁立にほぼ決まったと表現。

 松井氏も知事も否定しているが、これはこのような流れだろう。いろいろな候補に断られ、10月20日頃までいろいろ打診して、それでダメなら幹事長が詰め腹を切るような選択だろう。

 しかし松井一郎氏には以下のような疑惑がある。

http://blog.zaq.ne.jp/jtsyakai/article/24/

父親の競艇利権を引き継いでいる指摘があり、あまり適当な人材といいがたい。だが10月30日に大阪マラソンをひかえるタイミングで23日に自分が大阪市長に出ると表明し、府知事候補を紹介。橋下は30日の大会で8、8kmの部に参加して、大阪市役所にゴール。おそらくゴールして「この大阪市役所をぶっ壊す」と宣言して注目を浴びようとするはずだ。また大阪維新の会はダブル選挙前の大綱を10月30日に発表するという。

 議会で悪戦苦闘の中で唯一ポイントを稼げる機会を利用するわけだ。どこまでもずるがしこいやり方だ。また9月30日締め切りの私の公開質問にもやはり応じない。以下彼らの罪を列挙する。

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 危険いっぱいのWTCビルに府庁移転を企み、30年で1000億の税金を浪費しようとすること許し難し

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 費用がかさみ地元も合意しない成人病センター移転を強行しようとすることその罪許し難し

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 統一地方選挙でそのことにまったく触れず、国旗国歌法本来の意図に反する条例を強行採決したことその罪許し難し

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 水道事業の決裂を一方的に大阪市の責任となすりつけることその罪許し難し

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 職員基本条例や教育行政への介入で、労働基準法や憲法、教育基本法など関係法令を踏みにじることその罪許し難し

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 台風や地震の時に公務を怠け大阪市と平松市長の攻撃を繰り返すこと その罪許し難し

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 関空に米軍基地受け入れを語り勝手に神戸で受け入れと混乱した発言をしたこと その罪許し難し

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 国際児童文学館の廃止、博物館廃止方針や予算削減など関西の誇りや観光活性に必要な施設を切り捨てること その罪許し難し

 橋下徹と大阪維新の会 その罪許し難し 時間短縮効果があまりなく 1兆円以上の費用がかかる関空リニアを作ろうとすることその罪許し難し

 橋下徹とその罪 許し難し 大阪都構想で論点となる 大阪市内と府内の区割り案を示さないこと その罪許し難

  橋下徹とアンチ大阪維新勢力の結集を

 10月7日19時から中央区大手前の国民会館で「成人病センター移転についての意見交換会」10月20日19時から「反ハシズム市民連合」の大会が大阪市中央区のエル大阪でみんな参加しアンチ橋下徹と大阪維新の会勢力の結集を!

 正しい大阪をみんなで築こう

  

« 公開質問に返答のない大阪維新の会に抗議状 及び新たな新たな公開質問状 平松邦夫市長が再選出馬表明 | トップページ | 大阪市長選前の緊急提言と大阪府立成人病センター移転問題  »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/42269135

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制勉強会風月の勉強会の講師に柳本顕市議がご参加。10月1日、2日の日本地方自治研究学会報告。あがく大阪維新の会と橋下徹の罪:

« 公開質問に返答のない大阪維新の会に抗議状 及び新たな新たな公開質問状 平松邦夫市長が再選出馬表明 | トップページ | 大阪市長選前の緊急提言と大阪府立成人病センター移転問題  »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31