フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

日本維新の会 党大会 ますますはびこる悪政 維新の暴走を食い止めろ

 昨日は日本維新の党大会 ますますはびこる悪政

 昨日は日本維新の会の党大会。しかし東住吉区長の解任に続き、井戸正利市議の陳情書ゴミ箱投げ込みブログで挑発の暴挙。

 住吉病院こそ民間誘致で乗り切ったが、地下鉄:水道民営化は行き詰まり。この議会でできなければ、5月議会は日数は短くすぐ参議院選挙に向けての期間となる。

 赤バス廃止の代行プランなどほとんどなく、地下鉄の初乗りが1区だけ10円下がる代わりに、ほかの路線は値上げ。

 大阪都が行き詰ると道州制といい、道州制がうまくいかないと大阪都を持ち出す。そんな詭弁は通用しないぞ!@t_ishin! 正義の「維新:橋下現象と新自由主義の弊害」を見ろhttp://www.ustream.tv/recorded/30037524#/recorded/30037524

  関西州サイバー議会が本日、みんなの党の江口克彦をゲストに呼び勉強会

 

  今日の午後、関西州サイバー議会がみんなの党の江口克彦をゲストに呼び、道州制の昨今の動向について勉強会を大阪ドーンセンターで開催する。

 だが多数のみんなの党と維新の会の関係者に案内。わざわざ維新の党大会の前日に会を設定。そもそも議会といいつつ、事務局の小倉暁が経済人維新の会の平岡龍人を理事長に招き、ひたすら維新の会やみんなの党の勢力拡大に悪用。

 何しろ去年のこの会の勉強会では、関西経済同友会の最低賃金制度廃止の提言を資料配布。小倉暁は@Senba_kaientaiの桐石義高が語るベーシックインカム導入で、最低賃金制度廃止に賛同。こんな連中と維新が結託する道州制などやらしてはならない。

 

 

  4月13日土曜日 ストップハシズム大集合に集まろう

 4月13日の土曜日午後 ストップハシズム大集合がエルおおさか大ホールで開催されます。詳しくは以下で    http://hashimotoiran.jimdo.com/

2013年3月21日 (木)

3月17日 討論バーシチズン「維新:橋下現象と新自由主義の弊害」を終えて 南海トラフ地震被害220兆円

http://www.ustream.tv/recorded/30037524#/recorded/30037524 3月17日 討論バーでの 橋下現象 ユーストご覧ください

 

橋下現象は新自由主義と密接に関係。維新八策でベーシックインカムを提示した罠や、船場海援隊の桐石義高(@Senba_kaientai)や、上山信一の弟子で生保を関市政時代に規制してた経緯を説明。

 詳しくはユーストご覧ください。

 3月19日 南海トラフ地震で220兆円の被害。大阪府は24兆円の想定。

それでも関空にこだわり、府庁を南港に。被災者受け入れに重要な住吉病院を廃止をたくらむ。

 そんな維新と橋下にNOを! 橋下がいう道州制や関西州のひどさや、関西州サイバー議会の平岡龍人や小倉暁の危険性も指摘。

 ご覧の上どんどん拡散お願いします 

 

2013年3月14日 (木)

新自由主義路線の歪みをまき散らす橋下:維新。3月17日「維新;橋下現象の弊害」にご参加を

 呆れる日本維新の会

 3月11日、東日本大震災から2年だが、あいかわらず日本維新の会からは防災の政策はなく、セシウムの害は少なく、避難や除染の必要はない暴言。

 あげくの果てに、教育委員会の廃止の案を出すとか、橋下の友人の府立高校の経験者が大阪府の教育長になる始末。だがその教育長は校長の研修にまったく出ず、任命した公募区長は、トラブルだらけで東住吉区長はクビにせざるを得ないのか見せしめか。

 水道事業や地下鉄民営は問題だらけで、去年までは実質与党状態の市議会公明党も距離を置き始めた。

 市議会は維新が過半数がないので、これは相当響くのではないだろうか?

 維新にNO!橋下にNO! 3月17日討論バーシチズンで

「維新:橋下現象と新自由主義の弊害」開催 是非ご参加を

 15時開場 15時30分開始

約1時間講演(山中鹿次)参加費500円(1ドリンク付き)

討論を約1時間

18時頃から懇親会(1ドリンク付き)

討論バーシチズンブログでも案内

http://ameblo.jp/entry-11478204727.html

浪速区日本橋5丁目 14-20 越前ビル1F 

地下鉄恵比須町1-B西出口南へ徒歩2分

牛丼すき家の角を曲がりすぐ 06-6537-7672

是非ご参加を

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31