フォト
無料ブログはココログ

システムブレーン道州制関連講演プロフィールページ

西田ただみちHPと日本道州制研究会HP

関西州ネットワーク

みんなでつくろうみんなの箕面

道州制と地域文化社会研究学会

« 崩壊目前の大阪都構想、名護市長選挙の結果を受けて  3月9日道州制と地域文化社会研究学会開催 | トップページ | 7月21日「文化施設と公共のあり方セミナー」開催 日本維新の分裂問題と流れる道州制基本法  »

2014年4月 3日 (木)

大阪市長選挙を終えて 政局と道州制基本法案 4月13日大阪都構想の矛盾と大阪の再生を開催

 3月23日の大阪市長選挙を終えて

 少し遅くなったが、大阪市長選挙を振り返る。投票率23%も驚きだが、無効が6万を超えた。当初は有力政党が候補を立てるべしの声も強かったが、予算編成の市長が死んで急きょ選挙のような事態以外は選挙をしてはいけない時期だけに、これは賢明だった。

 維新陣営は共産党は候補を擁立するのではと思ったのだろうが、肩すかしをくらった感じである。選挙は維新:橋下陣営のカンフル剤である。任期満了の2015年の11月までに、たとえば来年の4月の統一地方選挙の投票率を上げて、そこで出直し市長選挙をやる選択肢を使いにくくなったこと、2か月の空白を生んだことと、新たな府議の離党者を招いただけで利点があったと思えない。

 また橋下票の半減の評価が難しい。関元市長らはこの辺の当選ラインだったので、これはすごいと評価できるかも知れない。しかし2年ちょっとと半減。

 平松前市長が前回52万票を得票してる。次の選挙までは反維新:橋下で結束する方針なので、共産党の基礎票が10万くらい。それに他の三党の票を+すると50万くらいになり、前回の平松票くらいとなり、今回の橋下票を上回る。

 そして統一地方選挙を市長、あるいは知事選挙を含め行わないと維新の得票はどうなるか?おおむね支持率や得票は橋下支持率:得票率×0,5ないし0,4くらい。これを大阪市議会に当てはめると20~15万票くらいになり、今の大阪市議会の公明か自民の議席くらい。20議席がやっとで通常20議席程度の公明党を以前のようにとりこんでも、過半数を取れない。

 しかも最近のように公明が距離を置く現状では、できれば単独過半数がほしい。かといって過半数が取れる候補擁立では共倒れのリスクが強い。

 特別区協議会をもくろみのように、賛成派に入れ替えができるか。設計図ができそうになくてもなんとか世論を住民投票をやらせろの作戦をとるなどを検討してると思うが、太陽の党グループとの決別をどうするかなど、好材料が少ないのもは間違いない。

 道州制基本法案提出の方針だが、、。

法案提出ということが流れているが、政権党の自民の中でも異論が多く、道州制を強く求めていたみんなの党や日本維新の混乱を考えると、道州制の推進を検討する程度で落ち着くのではないか。そしてその方が無難である。

 というのは道州制は東京集中の是正というアンチ新自由主義であるべきなのが、経済界の意向で新自由主義に悪用されていること。大阪都構想は道州制にマイナスなのに、それが道州制に結び付くような誤解。

 さらに総務省の方針で大阪都にしなくても、政令市の区の権限拡大の方針など出ていることもあり、あまり内容が盛り込める状況ではないし、拙速にすると大阪都論議の二の舞になる。拙速な協議は避けるべきだろう。

 4月13日 討論バーシチズンで「大阪都構想の矛盾と大阪の再生」開催

 15時受け付け 15時半開始。私の講演を16時20分くらいまで。質疑を1時間ほど。その後懇親会。参加費はドリンク付き500円。懇親会参加は+500円。当日お店に来られてかまいませんが、24名定員なので、できれば予約を

以下のお店メールで barcitizen@ybb.ne.jp

「002.JPG」をダウンロード

« 崩壊目前の大阪都構想、名護市長選挙の結果を受けて  3月9日道州制と地域文化社会研究学会開催 | トップページ | 7月21日「文化施設と公共のあり方セミナー」開催 日本維新の分裂問題と流れる道州制基本法  »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道州制、日本と地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52585/55633180

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市長選挙を終えて 政局と道州制基本法案 4月13日大阪都構想の矛盾と大阪の再生を開催:

« 崩壊目前の大阪都構想、名護市長選挙の結果を受けて  3月9日道州制と地域文化社会研究学会開催 | トップページ | 7月21日「文化施設と公共のあり方セミナー」開催 日本維新の分裂問題と流れる道州制基本法  »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31